小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

村上海賊の娘(上)(下)    和田 竜 著  

~自家の存続を賭けた首領たちの戦い~

【村上海賊の娘】 和田 竜 著

瀬戸内海で海賊働きに明け暮れた悍婦(かんぷ)で醜女(しこめ)と呼ばれた女海賊がいた
最強村上海賊の姫・景だ
彼女は海賊働きの最中に大坂本願寺の門徒を捉える
織田家に攻め立てられ籠城を余儀なくされた本願寺へ加勢へ向かうという途中だという
興味を持った景は門徒に上乗りし難波海へ向かった
しかし、そこで見たものは、本物の戦、真実の戦であった・・・・・・
傷心し、故郷へ戻った景に待ち受けていたのは、この戦への村上海賊の参戦!!
村上海賊、そして、景の運命はいかに!!!


 2014年本屋大賞受賞 !!

おめでとー!! 

戦国時代最大宗教団体勢力であった本願寺と天下統一をもくろむ織田信長の軍事的、政治的決戦であった石山合戦
この合戦の中で信長が苦汁をなめた戦い、第一次木津川口海戦
この戦いを毛利方であった村上海賊、そして、織田方であった真鍋海賊からの目線で綴られた作品であります

戦乱の世の中
彼らの願いは長きにわたる一族の存続
立場の弱い部族は大きな部族に従えながらも未来を見据え、強く、たくましく戦い続ける
しかし、数多き者たちが、夢かなわず、そして、散ってゆく
村上海賊はこのような戦国時代に名を馳せた瀬戸内海の一族であります
最強と呼ばれた彼らも時代の大きなうねりに呑み込まれていくのです

天下統一をもくろむ織田信長
その道すがらにつまづいた門徒たちによる一向一揆
一向一揆の最大勢力であった浄土真宗本願寺勢力を壊滅させるために本願寺を攻め立てる信長
本願寺に籠城を余儀なくされた本願寺法主の顕如は織田家の敵方である毛利家に援助を求める
毛利家は籠城した本願寺門徒への食糧、兵力補給のために木津川から船による輸送を難儀の末に計画
ここで登場する最強海賊、村上海賊
とはいえ彼らも一海賊衆に過ぎず、天下統一を目指す織田家に反旗を翻すという行為は自家の未来を左右する一大事
しかも、相手方には、こちらもこの時代に名を馳せた真鍋海賊がいる
海賊魂と子孫繁栄、しかし、時代は食うか食われるかの乱世・・・・・・悩む一族・・・・・・
その中に海賊働きに明け暮れた悍婦(かんぷ)で醜女(しこめ)の姫がいた・・・・・・

海賊衆の臨場感たっぷりな合戦シーンは度肝を抜きます
・・・・・いとも簡単に首ちょんばにしちゃうのね・・・・・・
家族愛、友情、そして、日常茶飯事の裏切り
この時代でしか表現できない世の中の構図を見事に描き出す
主要参考文献のボリュームを見れば頷けるこのリアリティ
登場人物のその後にも興味津々
うん!!歴史小説ならではの楽しみ方

ユーモアセンス抜群!
大興奮必至!!
であります!!!

 

ランキング参加中です
応援よろしくお願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 和田 竜

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。