小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

墓標なき街    逢坂 剛 著  

【墓標なき街】 逢坂 剛 著

驚愕と興奮のシリーズ7作目!

私立探偵・大杉良太は、新聞社で編集委員をしている残間龍之輔から、違法な武器の輸出に関係する商社について、電話で告発してきた男の尾行を依頼された。同じ頃、残間は元上司で現在はオピニオン誌「ザ・マン」編集長の田丸に呼び出され、かつて百舌と呼ばれた殺し屋に関する事件を雑誌に書いてほしいと頼まれる。大杉と残間がそれぞれ調査を続けていたある日、警察庁特別監察官の倉木美希が自宅に戻る途中何者かに襲われた。運よく大杉が駆けつけ軽傷で済んだが、美希のコートから百舌の羽根が出てくる。トップシークレットである過去の百舌事件と、ある商社の不正武器輸出。全く接点がないと思われた二つの事象が交差する時、巨悪の存在が明らかに…。
                                    【内容紹介より】


13年ぶりの新作だそうです

当初の主人公は早々と殉職したにもかかわらずここまで長く継続するシリーズも珍しいのではないでしょうか

治安維持機構を我がものとしようとする腹黒い奴ら

その本筋は第一作から不変であります

前作までとは打って変わった雰囲気でアクションは控えめな感じ

シリーズ前半のようなドキドキ感は薄まってしまったのは確かだけど

百舌を連想させる事件が立て続けに起きる中でそれに係わる人物が前作のあの人と・・・・・

こっちの人間の復讐なのか・・・・

次作は近々って感じの終わり方で

読まずにはいられませんなー

大いに期待です!!!!



ランキング参加中です!!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 逢坂 剛

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 1

のすりの巣    逢坂 剛 著  

~腐敗した警察機構を叩け!!~

【のすりの巣】 逢坂 剛 著

暴力団員が殺され、拳銃や麻薬が奪われる事件が相次いで起こった。巻き込まれた私立探偵・大杉良太は「ノスリのだんな」と呼ばれる犯人を追い始める。一方、特別監察官の倉木美希は、警察内で派手な異性関係の噂がある美人刑事を、要注意人物としてマークしていた。妖艶でしたたかな女―。彼女と暴力団の事件は意外な繋がりを見せ、巨大な陰謀が姿を現す…。好評「百舌シリーズ」第五弾。
                                 【内容紹介より】


MOZUシリーズ第五弾であります
シリーズを通して腐った警察組織、自己中な政治家と相対してきました
これまでに重要人物が次々と死亡する中で
「この先どうなるのー」
と心配しましたが・・・・・・・・・・・・・・・

不安的中 (。´Д`)。。。。。。

初代主人公に続き、謎だらけだけど頼りがいもあったあの上司が死亡した前作
新たなる事件の勃発です
闇のルートで取引されていたコカイン、拳銃が強奪され、暴力団組員が殺害された
この事件の影に『ノスリのだんな』と称される人物が・・・・・・
特別監察官の倉木美希と私立探偵の大杉良太は事件の真相を追うが身近な人物が係りを持っていることを突き止めて・・・・・・ってお話

犯人の目星は前半でついちゃうんですよね~
今までの中で一番アッサリ味かな
魅力的な登場人物が次々と消えていく中、前作で活躍したジャーナリストが仲間に加わるんだけど中だるみ感が否めない
それまでの作品が相性抜群だったのでそれに比べると・・・・・・

黒幕の小物
謎の女刑事の化けの皮はがされた後のヒステリーな感じ・・・・・

今までの敵が巨大すぎたよねー
強すぎたよねー

なんて、否定的なことを書いてますけど
これまでの四作と比べるとってことで
楽しい作品ではあります!!!!



ランキング参加中です!
『ポチッ』と応援お願いします!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 逢坂 剛

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

よみがえる百舌    逢坂 剛 著  

~誰が悪なのか、何が悪なのか~

【よみがえる百舌】 逢坂 剛 著

元刑事が殺された。後頭部を千枚通しで一突き。伝説の暗殺者、百舌の手口だ。闇の彼方から百舌が帰還したのか?それとも、警察の汚濁に基づくあの事件を知っている者が始末されていくのか?いまわしい記憶に怯える女刑事・倉木美希の前に第二の殺人が起こる!野に下った大杉良太も友のために立ちあがる。警察の腐敗を告発し、サスペンスの極限に挑む逢坂剛の大ヒットシリーズの最新長編!
                                      【内容紹介より】


MOZUシリーズ第四弾でーす

いやー相変わらず

おもしろーい!!!

百舌と称される殺し屋は二作前に死んだことになっております

主役であった倉木尚武も前作で死亡したことになっております

後付け的なお話になってないか・・・・・・心配だったんですけど

心配ないさー

そう!!黒幕の総大将はこっそり生き残っていましたから

倉木尚武の妻・美希と尚武の相棒として活躍した大杉良がやってくれます

稜徳会事件の真相を知る関係者が次々と闇に葬られていく・・・・・
千枚通しを使った殺しと現場に残された百舌の羽・・・・・・・
次に狙われるのは、美希か、大杉か、それとも・・・・・・

最初から最後まで分からないことだらけです
百舌の復活を即する『バードウォッチャー』の存在
新たに百舌と名乗り殺しを続ける奴の正体
百舌復活の理由とは!!

最後まで油断してはいけませんよ
何が起きるか分かりませんからね
っていうか起きますからね

手に汗握るストーリーに興奮間違いなし!!

期待を裏切らないエンターテイメントになっております!!!!!!!!!!!



ランキング参加中!!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 逢坂 剛

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。