小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

SRO Ⅵ 四重人格    富樫 倫太郎 著  

【SRO Ⅵ 四重人格】 富樫 倫太郎 著

東京と秋田で、トリカブトによる毒殺事件が発生。手口に一貫性がなく、同一犯か複数犯か絞れず捜査は難航していた。その最中、耳や手首が切り取られた惨殺死体、銃殺死体が東京近郊で相次いで見つかる。すべての現場に残る同一人物の指紋から、SRO室長の山根新九郎はある仮説を立て犯人に迫っていく。大人気警察小説、待望のシリーズ第六弾
                                      【内容紹介より】


帰ってきたぜ!!SRO!!!!!

休職組も復帰だぜ!!

久しぶりにメンバー全員が顔をそろえて新たなる敵との対決です

今回のシリアルキラーは殺人自体を生業としている・・・殺しの請負人

ニヒルでハードボイルド・・・そして多重人格

さてさて・・・・・・・

脇で語られるのはSRO面々・・・・それぞれの事情であります

自身の未来

家族の未来

SROの未来

最終局面のあっけなさには肩透かしの感はありましたが

こりゃーシリーズまだまだ続くねー

てな内容で

楽しみが増えたよー

とうれしくなるような内容でした(#^^#)

近藤房子の取り扱いは今後どうなるのか興味津々・・・・・



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 富樫 倫太郎

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

房子という女 SRO episode0    富樫 倫太郎 著  

~人を殺すって

カ・イ・カ・ン~

【房子という女 SRO episode0】 富樫 倫太郎 著

最愛の姉の死が、シリアルキラーの狂気を呼び覚ました。
SROを翻弄する最凶の殺人鬼・近藤房子。
その戦慄の半生を語り始める―。

「誰かを暴力で支配するのって、すごい快感なんや。
セックスなんかより、ずっとええで。
自分が神さまになった気がするんやからな」

SROが炙り出したモンスターの知られざる過去が明らかに!
                            
                            【内容紹介より】


SROシリーズの番外編、エピソードゼロであります
最強、最悪のシリアルキラー・近藤房子
彼女が自ら語る物語
自身の生い立ち
シリアルキラーへの目覚め
相棒であった夫・一郎との出会い

毒々しい内容なんだけど、キャラにユーモアがありますからねー
ストーリーに引き込まれて、深刻感より、ワクワク感が勝ります

SROは前回の戦いにより瀕死寸前状態
チームの再建!!
多くのSROファンが心待ちにしているだろうと思います(^_^)/

続編があることを期待しまして

本日はここまで



ランキング参加中!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 富樫 倫太郎

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

SRO V  ボディーファーム    富樫 倫太郎 著   

~あの女が動きだす~

【SRO Ⅴ ボディーファーム】  富樫 倫太郎 著

本性を隠し潜伏生活を送っていた“最凶の殺人鬼”近藤房子が再び動き出した。巧みに変装しながら捜査の目をかいくぐり、残虐な殺人を重ねる。焦った警視庁上層部は、房子が執着するSRO副室長の芝原麗子を囮に逮捕せよと、室長の山根新九郎に迫るのだが―。
                                    【内容紹介より】


シリーズ第五弾であります

近藤房子始動!!

SRO発足以来、最大の敵
過去に二度も死闘を演じた最強シリアルキラー
近藤房子とのバトルの巻です

いやー
こわいですね~
植木ばさみで指をスパスパ
ペンチで爪をメリメリ
画鋲で頬をブスブスと・・・・・・
殺すこと自体に喜びを感じるわけではなく、いたぶる過程に快感・・・・・・・
ん~
惨い
今回は変装に磨きをかけて忍び寄ってきますよ~
そして、彼女が行ってきた数々の事件の全容が明かされて・・・・コレクションが・・・・・

対して、冷静沈着なSRO室長の新九郎
日本警察の最高峰プロファイリングで殺人鬼を追いつめる
しかし、彼にも・・・・・危機迫る!!!!!!!!!!!!!!!

対決も三度目でクライマックスか????

エピローグは見たこともない純な室長に・・・・・・・そして・・・・ラスト・・・・・

房子対新九郎

まちがいなし!!!!!!!!



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 富樫 倫太郎

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。