小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

火花    又吉 直樹 著  

~僕らは誰かにとって、
   きっと漫才師であったのだと思う~


【火花】 又吉 直樹 著

芸人の先輩・後輩が
運命のように出会ってから劇は始まった。笑いとは何か、人間が生きるとは何なのか。


この物語は、
人の心の中心を
貫き通す


「文學会」を史上初の大増刷に導いた話題作。

お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの神髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!

「漫才は・・・・・・本物の阿呆と自分は真っ当であると信じている阿呆によってのみ実現できるもんやねん」

                               【内容紹介より】


話題となっておりますピース又吉さんのこちらの作品
下積み芸人たちのお話です

出だしはこれでもか―!!って感じで筆力を見せつけてきます
この感じは少々馴染めなくて飽き飽き・・・・・・・・・・・・・・・
だけど芸人さんたちの日常と将来を描く過程に徐々に引き込まれるー
芸人さんの習慣と思考に焦点を当ててお話は進むんだけど
彼らの習慣に感心、そして、思考に感動しましたよ~
世間で騒がれているほどの作品なのかと問われると????だけど最後は清々しい気持ちにさせてくれるお話でした

読了後にふっと思ったのが
コンビ名の『ピース』は『Peace』なのか『Piece』なのか
実際は『ピース』というコンビ名には何の意味もないらしいです
時と場合により『Peace』と『Piece』を使い分けているということ
なぜそんなことを考えたのかというと、作中に『Peace』であることの意味と感謝が述べられているんですよ
とても良い教訓だと感じました(^.^)

最後に
こんなことを考えながら芸人として過ごしているのか
なんて考えたら
ん~!!
芸人ピース又吉のファンになってまう!!
そんな作品でありました!!!!!!



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ま行その他の作家

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。