小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

銀翼のイカロス    池井戸 潤 著  

~巨大航空会社と政治とカネに倍返しだ!!~

【銀翼のイカロス】 池井戸 潤 著

半沢直樹シリーズ第4弾、今度の相手は巨大権力!
新たな敵にも倍返し! !

頭取命令で経営再建中の帝国航空を任された半沢は、 500 億円もの債権放棄を求める再生タスクフォースと激突する。 政治家との対立、立ちはだかる宿敵、行内の派閥争い ――プライドを賭け戦う半沢に勝ち目はあるのか?
                                       【内容紹介より】




シリーズも第四弾になりました

熱い男、半沢直樹であります
疲れ知らずのこの男
「少しは休んだら」
っと言ってあげたくもなりますが
今回も頑張ってもらいましょう!!!

彼に任される前途多難な指令は倒産寸前の大手航空会社『帝国航空』の再建であります

もちろん今回も半沢グループが苦労の末に作成した再建計画も簡単に認証されるはずもなく

皆さん、表の顔と裏の顔が憎たらしいほどに乖離してまして

どんだけ嫌な奴なんだ―

直接対決の敵は国土交通大臣の白井亜希子の私設チーム『帝国航空再生タスクフォース』
こやつが銀行に対して債権放棄を申し出てくるってことで半沢の怒りが爆発
ヽ(* `ω゚)ノ コラ----ッ

ですが・・・・こんな簡単な構図の戦いではありません
敵味方、味方敵と入り乱れての利権争い勃発です
槍ウリャ(*`ー´)ノ―――→Σ*o*)ノグサッ!!
身内からの
御上からの・・・・・裏切り
しっかり金融庁の黒崎も登場しますよ~

さてさて、さてさて、結果はいかに!!!
お楽しみ~!!!!!!!!!!!!!



ランキング参加中!!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 池井戸 潤

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 0

不祥事    池井戸 潤 著  

~花咲舞が黙ってない!~

【不祥事】 池井戸 潤 著

ベテラン女子行員はコストだよ―そう、うそぶく石頭の幹部をメッタ斬るのは、若手のホープの゛狂咲(くるいざき)゛こと花咲舞。
トラブルを抱えた支店を回って業務改善を指導する花咲は、事務と人間観察の名手。
羽に着せぬ言動で、歪んだモラルと因習に支配されたメガバンクを蹴り上げる!
新ヒロインの活躍が痛快なオフィス名編集。
                               【ブックデータベースより】



話題となりました花咲舞であります
ドラマは見ておりませんが・・・・・・

とにかくスッキリ、爽快になれるお話の数々であります
ストレス解消には持って来い!!

弱きサラリーマンの代弁者、花咲舞なのです

言ったれー!!やったれー!!!って感じ

池井戸氏お得意の銀行を舞台とした物語ですが、『業界』のお話というより『人』に重点を置いた作品になっています
ですから細かい業界用語なども抑え目で経済に弱い方にもサクサク読める
すごく楽しい!!!!

お金を稼ぐってのはとってもたいへん
どの業界にも、どのような場所でも、しがらみの中で七転八倒しながら矛盾を抱えつつ、サラリーマンは頑張っている!!

自分自身の頑張りを見ていてくれる人は必ずいる
自分の仕事で喜びを、楽しみを、幸せを感じてくれる人がどこかにいると信じて

さぁ! みなさん!! がんばりましょう!!!!!

『激戦区』

『三番窓口』

『腐魚』

『主任検査官』

『荒磯の子』

『過払い』

『彼岸花』

『不祥事』


『彼岸花』の登場の仕方 ちょっと変わってて楽しかった



ランキング参加中!!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 池井戸 潤

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ようこそ、わが家へ    池井戸 潤 著  

~会社でも、わが家でも
     お父さんは、頑張ってます~


【ようこそ、わが家へ】 池井戸 潤 著

うだるような暑さが続く夏の夜
仕事を終え、家路に着こうとしていた平凡なサラリーマンの倉田太一は、駅のホームで割り込みをしようとした男を注意した
その後に始まったわが家への嫌がらせ
玄関先のダリアは踏み荒らされ
郵便ポストには虐待されたネコが
愛車には傷・・・・
倉田家は犯人の正体を暴くべく対策を打つが・・・・・・

出向先のナカノ電子部品株式会社でも問題が持ち上がる
営業部長の不正?
問いただすことで銀行出身である外様の地位を再確認することに

誠実で、正直で、小心者で、家族想い
そんな等身大の主人公が活躍する!!
お父さんはここで頑張ってます!!!


話題沸騰の日曜劇場『半沢直樹』
けいたもこのシリーズ大好きです
【オレたちバブル入行組】 
【オレたち花のバブル組】
【ロスジェネの逆襲】 

この原作者である池井戸潤氏の作品

けいた大大好き!! 池井戸作品!!!

今作品の主人公は半沢とは正反対の性格
銀行員としては出世街道を外れ、出向先で総務部長を務める倉田太一という人物で
青白く、細面のみるからに小心者の中年男
真っ正直で誠実だけが取り柄の堅実派
この男が会社で起きる不穏な出来事に立ち向かっていくというお話・・・・・・
親近感、湧きますね~
ここまではいわゆる『経済小説』『企業小説』と呼ばれるものに分類される作品になっている訳です
池井戸作品はじめ真山作品の【ハゲタカ】シリーズなど楽しい作品は数々ありました

しかし!!!!!

この作品

仕事に一生懸命取り組むという一家の大黒柱にある背景
ここに事件がおきることが最大の魅力

みなさんわが家に事件です

そう!
家族想いの倉田さん
妻もやさしく理解あり
息子も娘も真っ直ぐ育ちました
そんなわが家に嫌がらせ
名も知らない一瞬すれ違った男から

家族全員で立ち向かう!!
ガンバレ 倉田家!!!

倉田さん!
あなたは幸せ者!!
もっとも大切なことを家族からの愛で知っている
とってもいい家族です

そして、フラッシュバックのように語られる主人公とその父との思い出

大人の心と子どもの心

実は子どもも大人も心の核は同じなんだ
大人はそれを経験という衣で包んでいるだけ
同じことで恐怖を憶え、同じことで喜びも感じる
あの頃の父と同じ年齢になり理解できた己の気持ちとわが家への気持ち

会社での不正に立ち向かうお父さん
わが家への暴力に立ち向かうお父さん

同時にふた味楽しめるお買い得な物語ですよ~(^_^)/



ランキング参加中です
『ポチッ』とうれしいでーす!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 池井戸 潤

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。