小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

青天の霹靂    劇団ひとり 著  

~どうして俺は生まれたんだ~

【青天の霹靂】 劇団ひとり 著

学歴もなければ、金もなく、恋人もいない三十五歳の晴夫。一流マジシャンを目指したはずが、十七年間場末のマジックバーから抜け出すことができない。そんなある日、テレビ番組のオーディションではじめて将来への希望を抱く。だが、警察からの思いもかけない電話で、晴夫の運命が、突如、大きく舵を切る―。人生の奇跡を瑞々しく描く長編小説。
                                         【内容紹介より】


青天の霹靂

【意味】
中国の故事成語
青く晴れた空に雷が鳴り響くように、
予想もしていなかった突然の出来事が起こったり、
思いもよらぬ衝撃を受けること。


毎日を憂鬱に生きる売れないマジシャン春夫
彼は、幼少期、父と二人きりだった
母の存在など知らなかった
そんな父とも現在は音信不通
どこで何をしているのか・・・・何も知らないし興味もない・・・・・・
警察からの突然の電話
父が死んだらしい
身元不明・・・・父の遺体が見つかった川縁のダンボールで造られた小屋を訪れた
そのとき!!
雷鳴に包まれた彼の意識は昭和四十八年に飛んだ・・・・・・というお話

若かりし父、親しい人々、大切な人、彼らの思い、自分を産んで消えたあの人・・・・・

そして、自分の存在意義を見つめ直す

ひとりの思う壺・・・・「うる、うる」です

この作品は自分の心を投影されたような気分にさせられますね~

生きるということがどんなに尊いことなのか、奇跡的な事であるのか

浅草演芸会から『世界の◯◯』になったコマネチなあの方も登場して物語を盛り上げます

物語の最後は・・・・ちょぃとネタバレぽくなりますが

「俺の涙を返せ―!!」

でも、でも、とても楽しめました~!(^^)!

劇場版の方がもっと泣けるらしい・・・(爆笑問題・太田談によると)

  

ランキング参加中です
『ポチッ』と応援おねがいしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 劇団ひとり

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

陰日向に咲く   劇団ひとり 著  

~人に自慢できる恋愛でも人生でもない
          それでも私たちは一生懸命生きている!!~


Ⅰ・『道草
  私は半年前・・ホームレスだった あの青年に会うまでは・・・・・
Ⅱ・『拝啓、僕のアイドル様
  僕は三流アイドルのファンだ そう・・自分の人生をかけても彼女を守る・・守らなければいけない理由がある・・・・・
Ⅲ・『ピンボケな私
  人生の夢などない私・・そして恋愛にも素直になれない不器用な私・・だけど最高の親友がいる・・・・・
Ⅳ・『Over run
  俺の人生はギャンブルだ・・だけどいつしか俺は借金だらけ・・・オレオレ詐欺でもやってみるとするか・・で俺の職業はというと駅員なんだ・・・・・
Ⅴ・『鳴き砂を歩く犬
  鳴子の父親はどうしようもない奴だったの・・借金つくって挙句の果て海に落ちて死んじゃった・・
  母親もどうしようもないの・・再婚した男は鳴子がお風呂に入ると外から覗いてるし・・だから東京に出てきたの・・気になっていた人がいたから・・でお笑いでもやってみようかな・・・・・  

  ~陰日向に咲く~
       。。。「へへ。また会うよ。私、雷太のこと見つけるの上手なんだ」。。。

ちっぽけだと思っていた人生たちが互いに交わるときそれは人生が輝き始める時・・・
切なくも、やさしい、でもなんだか笑っちゃうどこにでもある人生の物語・・・・・・・・

陰日向に咲く劇場版主題歌~出会いのかけら~ You tubeより



第一章の『道草』を読んでいた時は「こんなもんか・・話題性だけの作品だったのかな」って思いながら読んでた

いやいや 違う 楽しめました

五つの連作短編集

お話は五つに分かれているが登場人物がすれ違っていく 「えっ この人だったの!」って感じで

以前にご紹介しました 有川 浩 著 『阪急電車』のように

はたまた、伊坂 幸太郎 著 『ラッシュライフ』のような時間軸のズレを使った軽いトリックもあり

ちょっとした文章の・・・があったり・・・・・

ほろりあり、ほんわかあり、笑いあり・・・んー気持ちが良い物語

ほかの小説の文体に似ているところもあるかも・・でも読み終わった気分はホント感じいいー

とても読みやすい 
暖かい気持ちになりたい方!おすすめですよ

「そうか。俺も悩みはたくさんあるぞ。でもな、思うんだ、人生はギャンブルだって。受験に仕事、人間関係や恋愛だってすべてがギャンブルなんだよ。すべてに勝ち負けがあるんだ。でも、決して悩みは負けじゃない。悩みは、まだ結果じゃなくて過程なんだよ」

~Over run より~

2008年度劇場公開作品

陰日向に咲く劇場版予告編 You tubeより





以下私的な評価です

びっくり!★★★☆☆
ほろり!★★★★☆
ユーモア!★★★★☆
清々しい!★★★★☆
読んでよかった!★★★+0.6☆-0.4☆

ランキング参加中です
『ポチッ』といただけるとうれしいです!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 劇団ひとり

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。