小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自覚 隠蔽捜査5.5    今野 敏 著  

~竜崎伸也は、ぶれない。いかなる危機でも~

【自覚 隠蔽捜査5.5】 今野 敏 著

誤認逮捕の危機、マスコミへの情報漏洩、部下たちの確執・・・・・・
検挙率アップのノルマなど、大森署で発生するあらゆる事案を一刀両断。
剛直無比な魅力が際立つシリーズ第七作!

この男の行動原理が、日本が救う!

゛変人゛キャリア官僚・竜崎の胸のすく活躍を、反目する野間崎管理官、“やさぐれ刑事”戸高、かつて恋した畠山美奈子、そして盟友・伊丹刑事部長ら個性豊かな面々を通して描く、会心の七編。

人気のキャラクターが勢揃いした満足度120%のスピンオフ!
                                  【内容紹介より】


はい!!大好きな隠蔽捜査シリーズ第七弾です!!

今作はスピンオフの短編集
個性豊かな脇役たちが主役の物語でありまして、以前にもこのような形式の作品が一つありました
このシリーズはスピンオフ短編集を0.5と示します
長編が5作、スピンオフ短編集が2作で計7作目の作品がこちら

竜崎署長の片腕、貝沼副所長
かつて想いを寄せた畠山美奈子
確執のある第二方面本部管理官・野間口政嗣
大森署刑事組織犯罪対策課長・関本良治
地域課長・久米政男
強行犯係長・小松茂
そして、竜崎の親友?警視庁刑事部長・伊丹俊太郎

彼らが窮地に立たされた時、悩み苦しみ立ち止まってしまったとき、竜崎のひと言がすべてを解決する

難しいことなど何もない

原理原則に従うまでだ

スピンオフ作品であり、ファンブック的ではありますが、どのようなシリーズであるのかがよく示された作品です

とにかくスッキリしたい方には最適なこのシリーズ

次回は長編が読みたいですね~

期待しております(^_^)/



ランキング参加中です!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 今野 敏

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

宰領 隠蔽捜査5    今野 敏 著  

~彼の信条は原理と原則
 代議士誘拐事件にあの男が立ち塞がる!!~


【宰領 隠蔽捜査5】 今野 敏 著

大森署管内で衆議院議員が失踪した
後日、乗り捨てられた車の中で運転手は無残な姿で発見され、犯人から犯行声明が!!
警視庁刑事部長の伊丹は、ある男に指揮を執ることを命ずる
大森署長・竜崎伸也
かつて警察庁長官官房総務課長を務めた経歴があり、伊丹とは幼馴染という異色の人物だ
電話の逆探知から犯人が潜伏していると考えられたのは神奈川県の横須賀
犬猿の仲と呼ばれる警視庁と神奈川県警
竜崎は両警察機構をまとめ上げ犯人を検挙することが出来るのか!!
代議士は無事なのか!!そして、犯人の狙いとは!!
大人気シリーズの第5弾!!!


楽しみにしいてました(*^^)v
隠蔽捜査シリーズ第5弾です
今回は、管内で起こった衆議院代議士失踪の捜査
犯人の逃走により警視庁と神奈川県警の合同捜査になるこの事件
ここで登場する我らが竜崎伸也
彼が捜査の指揮を執る!!!、
原理原則、適材適所
そう!!
彼にキャリアの政治はいらない!!
管理職のみなさん
おススメの警察小説です

今年に入って読んだ警察小説の大作
『64(ロクヨン)』 横山 秀夫 著

それに比べても遜色ない
いや
けいた的にはこちらの作品の方が好きですね~!(^^)!
竜崎の人間性に惹かれます
強い意思とその裏に隠されたやさしさに

署長・竜崎伸也
管理職・竜崎伸也
リーダー・竜崎伸也
父・竜崎伸也

今回は長男の大学受験がサイドストーリーに置かれ、とってもハートフルな作品に仕上がってます

一つ残念だったのは破天荒は若手刑事の戸高の登場が少なかったことかな
次回作では期待しましょう

今作品も一気読みのおもしろさでした!!



ランキング参加中です
『ポチッ』とお願いいたします!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 今野 敏

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ペトロ    今野 敏 著  

~殺人現場に残された古代文字・ペトログリフ!!
 刑事と大学教授の異色のコンビが事件の解決に挑む!!~


順供大学考古学教授の妻が殺された
現場には古代文字・ペトログリフが!
これを残した犯人の狙いとは・・・・・
その後・・新たなる殺人事件が!!そしてまたもや刻まれたペトログリフのメッセージ・・・・
二つの殺人事件とペトログリフの謎にベテラン警部補と変わり者の外国人考古学者が挑む!!
異色コンビの痛快ミステリー!!


んーよかった!!
このところ読んだ作品は風変りな設定の物語が続いたこともあり、よいタイミングで読めた!!
今野作品は安心感がある
ジェットコースターのようなお話ではない
落ち着いた感じで事件の真相に近づいていく
かといって途中で飽きてしまうような作品ではないですよー
『サザエさん』みたいな感じ????
知恵の輪のようなトリックミステリーや心揺さぶる感動物語物語などの間に挟みたい作品かな
みなさんの評価はあまり高くないようですが・・・・・けいた的には『』ですよー

複雑なお話を読んだ後の清涼剤として『いかがですかー』



以下気分による評価です
読んでよかった!★★★☆☆

ランキング参加中です!
『ポチッ』とよろしくお願いします!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 今野 敏

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。