小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ハーメルンの誘拐魔    中山 七里 著  

【ハーメルンの誘拐魔】 中山 七里 著

俺たちの働きに、少女の命と日本警察の面目が懸かっている。

病院からの帰り道、母親が目を離した隙に15歳の少女・香苗が消えた。現場には中世の伝承「ハーメルンの笛吹き男」の絵葉書が残されていた。警視庁捜査一課の犬養隼人が捜査に乗り出し、香苗が子宮頚がんワクチン接種の副作用によって記憶障害に陥っていたことが判明する。数日後、今度は女子高生・亜美が下校途中に行方不明になり、彼女の携帯電話と共に「笛吹き男」の絵葉書が発見された。亜美の父親は子宮頚がんワクチン勧奨団体の会長だった。ワクチンに関わる被害者と加害者家族がそれぞれ行方不明に。犯人像とその狙いが掴めないなか、さらに第三の事件が発生。ワクチン被害を国に訴えるために集まった少女5人が、マイクロバスごと消えてしまったのだ。その直後、捜査本部に届いた「笛吹き男」からの声明は、一人10億、合計70億円の身代金の要求だった・・・・・・。
                                    【内容紹介より】


シリーズ第三弾ですがお初の犬養さんです

前作、前々作の内容は分かりませんが社会派の警察小説であります

今回は少女たちへの子宮頸がん定期接種問題を題材とした物語

面白かったでよー!(^^)!

人情味溢れるストーリーは東野さんちのあのシリーズにも似てるかな

犬養さんはどちらかというとサッパリ系な感じもしますが

子宮がんワクチン接種の副作用・・・・被害者である不自由な生活を送る少女たちが誘拐されるわけだけど、加害者(子宮がんワクチンの定期接種を推進する側)の娘も同じく犯人に拉致される

ここに何らかの思惑と真相が見え隠れしてくる中で・・・・・・・・・

登場人物すべてに目を凝らし、真相探しを楽しんでくださいねー(*^-^*)

あまり身近に感じていなかったワクチン接種の問題

我が家にも娘がいるので良い題材の物語を読んだなっと思いました



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 中山 七里

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

総理にされた男    中山 七里 著  

~政治は理屈じゃない。感情だ!~

【総理にされた男】 中山 七里 著

総理の“替え玉”にされた売れない舞台役者が国民の怒りと願いを代弁する。
圧巻の予測不能な展開!読み終えた後の爽快感は必至!


人気作家・中山七里が政治の世界をわかりやすく、感動的に描いた、ポリティカル・エンターテインメント小説!

売れない舞台役者・加納慎策は、内閣総理大臣・真垣統一郎に瓜二つの容姿とそ精緻なものまね芸で、ファンの間やネット上で密かに話題を集めていた。ある日、官房長官・樽見正純から秘密裏に呼び出された慎策は「国家の大事」を告げられ、 総理の“替え玉”の密命を受ける 。慎策は得意のものまね芸で欺きつつ、 役者の才能を発揮して演説で周囲を圧倒・魅了する 。だが、直面する現実は、政治や経済の重要課題とは別次元で繰り広げられる派閥抗争や野党との駆け引き、官僚との軋轢ばかり。政治に無関心だった慎策も、 国民の切実な願いを置き去りにした不条理な状況にショックを受ける。義憤に駆られた慎策はその純粋で実直な思いを形にするため、国民の声を代弁すべく、演説で政治家たちの心を動かそうと挑み始める。そして襲いかる最悪の未曽有の事態に、慎策の声は皆の心に響くのか――。
                                 【内容紹介より】


はい!楽しめました~(#^^#)

現役の総理大臣に容姿がそっくりな鳴かず飛ばずの役者があることをきっかけに総理の身代わりとして孤軍奮闘するお話

政治に疎い方にとってもおススメ

中山氏の指向が大いに物語の方向性を決めていることは確かだと思うけど、普段いかにマスコミによる情報の刷り込みが世論の誘導に関与しているのかってことが感じられて、とても意義のある時間でした

国民、震災、官僚、テロと国内外の問題を前に素人だけど世のため人のためと情熱を注ぐ主人公

がんばれ!!

みんなが応援したくなる人柄はこれが本当のリーダーだろと思わせてくれます

そして、ラスト一行のあの人へ贈る言葉

うーん!!
やられちまいました!(^^)!



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 中山 七里

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

あなたが消えた夜に    中村 文則 著  

~生きるための土台が揺れている・・~

【あなたが消えた夜に】 中村 文則 著

゛圧倒的 人間ドラマ゛

ある町で発生した連続通り魔殺人事件。
所轄の刑事・中島と捜査一課の女刑事・小橋は
目撃証言による“コートの男”を追う。
しかし事件は、さらなる悲劇の序章に過ぎなかった。
“コートの男”とは何者か。誰が、何のために人を殺すのか。
翻弄される男女の運命。神にも愛にも見捨てられた人間を、
人は救うことができるのか。

いま世界が注目する人気作家。
デビューから13年、著者が初めて挑む警察小説。
人間存在を揺さぶる驚愕のミステリー!
                      【内容紹介より】


こりゃ すげーや

いろんなものが詰め込まれた物語であります
濃厚であります

連続通り魔殺傷事件
犯人と見られる『コートの男』とは何者なのか・・・・・
明らかになっていく被害者たちを繋ぐもの・・・・
事件の核心は???

単なるミステリーと思いきや

いやいやいや

登場人物たちは良心と悪意、神の存在や生きることの意味を露わにしていきます
ある時は一瞬の時を濃密に感じさせる繊細な文章
ある時は時を惑わし、人物像を曖昧とさせる不確定な文章
そこから今まで感じたことのないような人間ドラマが展開されていくのです
すべてを理解することはできない
もどかしさもある
自分には見えない、何かがこの世には存在しているのではないか
ある人には、それが見えているのではないのか・・・・・・
なんて考えたりもしましたよー

常識的な善と悪
しかし、それは本当の善なのか、悪なのか
神は善を求めているのか・・・・・・
そうであるならば・・・・・・

人間関係が複雑に絡み合い事件の最終章は序章に持った感覚を一切無視した結末を迎えます
事件を追う若い男女の刑事の雰囲気とストーリーと乖離が大きいところもお話の幅を広げていますねー

人により好き嫌いは分かれそう

こういう心理はとても恐い

疲れているときには読むのを避けたいですねー

重ーいお話ですから

ただ、中村文則にしか書けない物語だ

と思わせるような作品であることは確かだと思います!!



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 中村 文則

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。