小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最後の証人    柚月 裕子 著  

【最後の証人】 柚月 裕子 著

元検察官の佐方貞人は刑事事件専門の敏腕弁護士。犯罪の背後にある動機を重視し、罪をまっとうに裁かせることが、彼の弁護スタンスだ。そんな彼の許に舞い込んだのは、状況証拠、物的証拠とも被告人有罪を示す殺人事件の弁護だった。果たして佐方は、無実を主張する依頼人を救えるのか。感動を呼ぶ圧倒的人間ドラマとトリッキーなミステリー的興趣が、見事に融合した傑作法廷サスペンス。
                                 【内容紹介より】


とっても面白ーい!!!!

佐方貞人シリーズ第一弾

ラストも泣けた~

ヤメ検弁護士の主人公が事件の真相を暴いていく物語なんだけど

この暴き方がオシャレなんですよー

子供を交通事故で亡くした夫婦のお話が一つ目
なぜか無罪となった加害者の身元を探り復讐を企てる・・・・・

殺人容疑で逮捕された男の裁判のお話が二つ目
状況証拠をすべて並べてみても犯人で間違いない彼はなぜ無罪を主張するのか・・・・・・

二つのお話が平行していきます

主人公の佐方は殺人容疑で逮捕された男の弁護をしていくわけですが

このやりとりがですねー・・・・・・・

ここに子供を亡くした夫婦との係わりが絡んで・・・・・・

そっちか!!!!!!

て結末に爽快感と感動とそして悲しみと・・・・・

おススメです!!!!



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 柚月 裕子

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

孤狼の血    柚月 裕子 著  

【孤狼の血】 柚月 裕子 著

この刑事、
ヤケド
するほど熱い。


常識外れのマル暴刑事と極道のプライドを賭けた闘い。

わしは
捜査のためなら、
悪魔にでも
魂を売り渡す男じゃ。

昭和六十三年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。正義とは何か、信じられるのは誰か。日岡は本当の試練に立ち向かっていく―。
                                    【内容紹介より】



悪徳刑事が主役の任侠ものの匂いプンプンです

ヤクザの抗争

それを阻止しようと奮闘する黒い噂の絶えない一人の刑事

彼は必要悪なのか・・・・・・・

そして、その部下として配属される新人刑事・・・・・・・

ラスト!!

かっこよすぎ!!!

次世代へ受け継がれる魂に心震えました

続編ありかな?

・・・・・・悪徳刑事に目が行きがちですが新人刑事の動向もよーく見といてねー



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ




category: 柚月 裕子

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

Aではない君と    薬丸 岳 著  

~心とからだと、どっちを殺したほうが悪いの?~

【Aではない君と】 薬丸 岳 著

殺してないと言ってくれ

自分の子が ゛少年A゛ になった。
弁護士には何も話さない。
苦悩する男が選んだのは「付添人」という道だった。

子供が罪を犯した時、親にできることは何か。

勤務中の吉永のもとに警察がやってきた。元妻が引き取った息子の翼が死体遺棄容疑で逮捕されたという。しかし翼は弁護士に何も話さない。吉永は少年法十条に保護者自らが弁護士に代わって話を聞ける『付添人制度』があることを知る。生活が混乱を極めるなか真相を探る吉永に、刻一刻と少年審判の日が迫る。
                             【内容紹介より】


大好きな薬丸岳作品

今回は非常に重い作品であります

自分の子が人を殺めてしまったら・・・・・

というお話

事件を起こした理由・・・・・・

もちろん殺人はやってはいけないこと

どんな理由があろうとも

だけど・・・・・・と・・・・・・とても考えさせられる

親と子の微妙な関係も現代の家族が抱える問題を象徴していて、こちらも大好きな作家さんである重松清氏の作品を読んでいるかのようにも感じられた

とても印象深い作品

他人ごとではない

『心とからだと、どっちを殺したほうが悪いの?』

どう思いますか?



ランキング参加中!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 薬丸 岳

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。