小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

螺旋迷宮    海堂 尊 著  

~桜宮の光と闇を分け合ってきた両病院
   ふたつの病院で全面戦争が勃発する~


【螺旋迷宮】 海堂 尊 著

医療法人碧翠院桜宮病院
桜宮の終末期医療を一手に引き受けてきたこの病院
桜宮の闇と呼ばれてきた
それに対し、桜宮の光こと、東城大学医学部附属病院は『バチスタ・スキャンダル』による収益の激減により新たなる分野へ業務の拡大を画策していた
それがエーアイセンターの設立
ここに両病院間の全面戦争が始まる!
碧翠院桜宮病院での不自然な死
これは何を意味するのか・・・・
これぞ医療ミステリーの決定版!!



「死者の言葉に耳を傾けないと、医療は傲慢になる」


幼馴染である新聞記者・別宮葉子から碧翠院桜宮病院で連続する不審死の正体を暴くためスパイとして潜入捜査を依頼された東城大学医学部生の天馬大吉のお話
桜宮の最先端治療を結集した東城大学医学部付属病院とその下請けとも言うべき終末期医療と死亡時医学検索を受け持つ碧翠院桜宮病院
この病院間で起きる桜宮医療界の光と影と憎しみ

この作品は田口・白鳥シリーズ(バチスタシリーズ)と対を成す物語で、以後、最終巻の『ケルベロスの肖像』『輝天炎上』で重要なエピソードとして用いられる物語である

田口・白鳥シリーズと比べてみてもミステリー色が強い方かな
事件の真実に繋がる伏線が随所に隠されていたりして
過去の事故と事件・・・・・おっと!ビックリ!!
ロジカル・モンスターこと、厚生労働省医政中立第三者機関医療事故調査委員会設置推進準備室室長・白鳥圭輔と碧翠院桜宮病院の医院長・桜宮巖雄の対決
これも見どころのひとつ!!
そして、毎度、毎度の海堂作品独特の文章表現力
さすがです!!

ただ・・・・終末期医療の問題点を定義しながらそれ自体をミステリーとして仕上げた・・・・
ちょっとお話にのめり込めなかったかなー

・・・・・「本当に、詰めが甘いんだから」・・・・・

そして、物語は、クライマックス 『ケルベロスの肖像』 『輝天炎上』へ・・・・・・



ランキング参加中です
『ポチッ』とよろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 海堂 尊

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

輝天炎上    海堂 尊 著  

~『ケルベロスの肖像』その影に・・・
     もう一つの物語『輝天炎上』・・・~


【輝天炎上】 海堂 尊 著

『日本の死因究明制度の桜宮市における実態調査』と題して桜宮市の死因制度の問題点を探ることになった東城大学医学部生・天馬大吉
それを眼にし興味を示した影の薄い万年講師、リスクマネージメント委員会委員長にして不定愁訴外来担当医、エーアイセンター長に任命された田口公平
そして、二人の心にそっと寄り添う女性医師
東城大学医学部付属病院と桜宮一族のもう一つの物語


『螺旋迷宮』の続編であり『ケルベロスの肖像』のアナザーストーリー
田口・白鳥シリーズあってのこの作品
【落第王子】こと落ちこぼれ医学生の天馬から目線でエーアイの必要性を落ち着いた雰囲気で解いていく
お馴染みの登場人物たちも舞台に上がる前の控室で準備中のようにリラックス感がありほんわかした感覚で物語は立ち上がる
それと並行して桜宮一族の今まで明かされなかった秘密が緊迫感と共に解き明かされていく

もし、田口・白鳥シリーズ完結編『ケルベロスの肖像』を読了したならば読みたい作品であるし、登場人物の相関関係や事件の裏側を新たに発見できる
もし、読んでいないのであれば読む必要のまったくない作品とも言える
もし、『輝天炎上』を読んでみたいのであれば『ケルベロスの肖像』は絶対読むべきであるし
チーム・バチスタの栄光』と『ナイチンゲールの沈黙』と『ジェネラル・ルージュの凱旋』と『螺旋迷宮』を読んでから『イノセントゲリラの祝祭』と『アリアドネの弾丸』と『『ケルベロスの肖像』を読み、『輝天炎上』を読むべき・・・・?
いやいや・・・発行順に海堂ワールド、桜宮サーガ、すべての作品を読まなければ最大値の楽しさを味わえないし、細かいピースすべてを理解できない・・・・そういうことだ
えー全作品読むのはたいへん・・・・・・でも読みたくなっちゃう・・・・・

でもこの結末ってどうなの???
謎を解いたつもりが
謎のまま??
話はまだまだ続くのか?????

田口先生と天馬君は恋敵なのね・・・
田口・白鳥シリーズは読了しているので三角関係のもう一角は誰なのかという事実関係は了承しているのだけど経緯は不明
『螺旋迷宮』を読んでいないので・・・・・
実は『螺旋迷宮』・・・手元にある・・・
先に読めってツッコまれそうだが『輝天炎上』の返却期限が・・・・
後日、解明したいと思っておるしだい




ランキング参加中です!
『ポチッ』とよろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 海堂 尊

tb: 0   cm: 0

ケルベロスの肖像    海堂 尊 著  

~さらば東城大学医学部付属病院
    《田口・白鳥・バチスタシリーズ》完結編~


【ケルベロスの肖像】 海堂 尊 著

幾多の困難、試練を乗り越えエーアイセンター始動へ
そこに送られてくる脅迫状

『八の月、東城大とケルベロスの塔を破壊する』

一難去ってまた一難・・・
東城大学医学部付属病院の未来はいかに
希望は彼らに託された!!
エーアイに光は差すのか!!
バチスタシリーズ完結編!!!


不定愁訴外来担当andリスクマネジメント委員会委員長andエーアイセンターのセンター長である万年講師・田口
彼が大好きな病院長室の窓から見るこの景色
今作品で最後になるのか

歴史的一歩を踏み出した東城大学医学部付属病院念願のエーアイセンターにまたもや危機が迫る
海堂作品、夢のキャスティングで臨む《宝島社》におけるバチスタシリーズの完結編

前半はオートプシー・イメージング(Ai)の取説か??
後半はこれを巡る人間模様の物語

『チーム・バチスタの栄光』『アリアドネの弾丸』のようなミステリー感は薄い

けいた的にはこれはこれで・・・・・
完結編・・もっと人間関係を密に突き詰めた物語を読みたかった
バチスタシリーズから派生した物語からの【集合チーム】であり個々が独り立ちした登場人物だっただけにもっともっと深いところの【輪】の物語を前半から見たかった

かといって海堂作品の《宝島社》バチスタシリーズ完結編であるこの作品
おもしろくない訳がない

【厚生労働省医政中立第三者機関医療事故調査委員会設置推進準備室室長補佐】・姫宮香織や【螺鈿迷宮】の天馬大吉と田口の初対面
【ブラックペアン1988】【極北シリーズ】などのお話からの絡みもあり
楽しみどころ満載だ

今回の田口の任務
①碧翠院桜宮病院が崩壊した時の事実の洗い直し
②エーアイセンター運営連絡会の再開
③エーアイセンターシンポジュウムの実行委員就任
④エーアイセンターに対する破壊工作、脅迫状に対する防御策策定

昇進にまったく興味のない彼だが今回も多忙を極める
特にシリーズを通しての相棒?厚生労働省大臣官房秘書課付技官兼医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長・白鳥圭輔の登場が少ない?だけに

んー楽しめた

海堂作品
実はけいた・・《宝島社》から発行されているバチスタシリーズ(玉村警部補の災難は未読)しか読了していない
作品とのめぐり合わせ
『ケルベロスの肖像』までのバチスタシリーズを想いながら他の作品を読もう
これも好し・・・

天馬大吉からの目線
『輝天炎上』
これも楽しみに・・・・・・



ランキング参加中です
『ポチッ』とお願いいたします!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 海堂 尊

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。