小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ビブリア古書堂の事件手帖 6 ~栞子さんと巡るさだめ~ 三上 延 著  

~古書は長き時を超え思わぬ因縁を結ぶ~

【ビブリア古書堂の事件手帖 6 ~栞子さんと巡るさだめ~】 三上 延 著

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。
本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?
                                  【内容紹介より】



古書を巡る人間関係に焦点を当てたこのシリーズも第六弾となりました
今回は第一作目で栞子を石段上から突き落とした犯人・田中敏雄との奇妙な関係に決着です
太宰治の『晩年』の希少本とそれに係わった人たちの謎が解き明かされます
その謎とは、彼らの親世代、はたまた、祖父母たちも巻き込んでの三世代の歴史そのものであることが判明
そして、それに係わりを持つものは栞子のご先祖様以外に・・・・・ここにも!!!!!!!!!

ことは、登場人物の血縁関係にも発展?????するのであります

太宰が残した作品とも妙なリンクをし始める彼らの人生

さてさて、どうなることやら・・・・・・

このシリーズも終盤戦に入ったようでゴールも目の前のようであります

最後まで見届けようか・・・・・悩みどころであります



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 三上 延

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ビブリア古書堂の事件手帖 5 ~栞子さんと繋がりの時~ 三上 延 著  

~北鎌倉駅近くにぽつんとたたずむ【ビブリア古書堂】
    古書とそれに携わる人々のお話パート5~


【ビブリア古書堂の事件手帖5~栞子さんと繋がりの時~】 三上 延 著

静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。
物思いに耽ることが増えた彼女はついにこう言うのであった。必ず答えは出す、ただ今は待ってほしいと。
ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。いわくつきのそれらに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。
脆いようで強固な人の想いに触れ、二人の気持ちは次第に近づいているように見えた。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。
この邂逅は必然か? 彼女は母を待っていたのか? すべての答えが出る時が迫っていた。
                                               【内容紹介より】




ビブリア古書堂の事件手帖公式サイトへ

前作でもう卒業しよーって思ってのに図書館で手に取ってしまったこちらの作品(^_^;)

【ビブリア古書堂】・・・
本の知識はピカイチ!本の話をすると止まらないでも・・人見知りの店主・篠川栞子
あるきっかけからここでアルバイトをすることになった五浦大輔
本の話をしたい人間とそれを聞きたい人間
二人が遭遇する古書に導かれて出会う人々の小さな小さなやさしい物語・・・
母と娘の因縁・・・・・栞子と大輔の恋の行方は・・・・・・

ビブリア古書堂の事件手帖第五弾
今作の大きな焦点は店主とアルバイトの恋の行方
店主・栞子に告白したアルバイト店員・大輔でありましたが返事は少しの間待ってくださいとのこと・・・・・
栞子には確かめたいことがある・・・・・・
彼女が解決しなければいけないこと・・・・・・
それは母・・・・
母・智恵子

誰よりも文学に詳しく、人の心を読む事に長けた母
私たち・・・家族を捨てた母
何より私は母に似ている・・・・容姿そして、心も・・・・・

三つの作品に関する謎を解いていく中で出した結論とは!!!!!

どうなるのでしょう~

勝手に終盤かと思っていたこのシリーズ
この作品をもって折り返し地点をようやく過ぎたということ
まだまだ続くのね~

恋の行先は今作品で解決です
次回は栞子が負傷した・・・負傷させられた相手との対決が待っている模様

・・・・・・・・・・・・・・・この作品にてビブリア古書堂シリーズは絶対卒業してやるぞー
本好きの集まるとっても良い雰囲気だし、個々の作品のエピソードに驚き!!もある物語だけど・・・・もう・・・いいかな・・・・です・・・はい(~_~;)

でもね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田中敏雄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・気になるな~

プロローグ
リチャード・ブローティガン「愛のゆくえ」(新潮文庫)

第一話
「彷書月刊」(弘隆社・彷徨舎)

第二話
手塚治虫「ブラック・ジャック」(秋田書店)

第三話
寺山修司「われに五月を」(作品社)

エピローグ
リチャード・ブローティガン「愛のゆくえ」(新潮文庫)




ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いいたしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 三上 延

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ビブリア古書堂の事件手帖 4 ~栞子さんと二つの顔~ 三上 延 著  

~北鎌倉駅近くにぽつんとたたずむ【ビブリア古書堂】
    古書とそれに携わる人々のお話パート4~


【ビブリア古書堂の事件手帖4~栞子さんと二つの顔~】 三上 延 著

【ビブリア古書堂】・・・
本の知識はピカイチ!本の話をすると止まらないでも・・人見知りの店主・篠川栞子
あるきっかけからここでアルバイトをすることになった五浦大輔
本の話をしたい人間とそれを聞きたい人間
二人が遭遇する古書に導かれて出会う人々の小さな小さなやさしい物語・・・
十年前に失踪した栞子の母・智恵子が登場するパート4・・・・・


『ビブリア古書堂の事件手帖』公式サイトへ

東日本大震災が起こってから20日後
つぼみの膨らんだ桜ももうすぐ開花するだろう今日この頃
【ビブリア古書堂】一人で店番をしていた五浦
突然に電話が鳴った
声の主は・・・・・智恵子???
第四弾にして母・智恵子初登場!!
栞子にも勝る本の虫
さてさて、どうなることやら

江戸川乱歩愛好家の膨大なコレクション
これを譲るかわりに彼の残した秘密の金庫を開錠してほしいとの依頼
栞子と大輔はいつものように依頼人の家に向かうが・・・・
というお話

『少年探偵団』
小学生の頃、友だちと競い合うように読みました
いやー懐かしい~
期待感充満で試合開始!!

明智さんと金田一さんはこんな関わり合いがあったんだね・・・ふむふむ
初版と改正版での違いか・・・ふむふむ

パート3までは連作短編集でしたが今回は長編
母・智恵子の登場はパート4まで引っ張った割にはあっさり

江戸川乱歩に興味があるなら楽しい第四弾
江戸川乱歩に興味がわく第四弾

このシリーズも次で完結かな?
けいたはちょっと飽きてきた・・・・・
母・智恵子の失踪した理由
栞子と大輔の恋の行方
次回作に乞うご期待!!



ランキング参加中です
よろしければ『ポチッ』と応援お願いいたします!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 三上 延

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。