小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

帰ってきたかい人21面相    小笠原 和彦 著  

~経団連会長が誘拐された
      犯人はかの有名なキツネ目の男!
          そう!かい人21面相が帰ってきたのだ!!~


経団連会長・細田栄一が誘拐された
後日、犯人から犯行声明が!!
届いた犯行声明文の最後の文字は
『かい人21面相』!!
かつて世間を騒然とさせた【グリコ森永事件】の犯人が25年の時を経て帰ってきた
要求額は三兆三千六百億円!!
彼等の真の目的とは!
元気のない日本国に喝を入れる!!
痛快ストーリー!!


んー おもしろかった!!

図書館で題名につられて借りてしまったこの一冊

お話自体はスリルがある訳でもなく、複雑なトリックがある訳でもない
ストーリーも粗い印象
パロディーと考えればその粗さが良い方向になっているような気も
『かい人21面相』の復活をフィクションとして使ったおもしろさがある

『かい人21面相』が狙う身代金の金額はなんと三兆三千六百億円!!
これは細田栄一が会長を務める東洋自動車の内部保留金の一割とされるもの
身代金を年収200万円以下の貧乏人たちへ定額給付金としてばらまく計画・・・
今回の『かい人21面相』の仲間たちは日比谷公園の炊き出しにつられて集まった訳あり極貧生活者たち
でもでも実は実はピックアップされた理由がある訳で・・・

とくに深みのあるようなお話ではないが『かい人21面相』という名だけで楽しんでしまったけいたでした

『グリコ・森永事件』について ウィキペディアへのリンク~



以下勝手気ままな評価です
読んでよかった!★★★☆☆

ランキング参加中です!
清き一票よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 小笠原 和彦

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。