小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

夜のピクニック    恩田 陸 著  

~歩行祭は終わる・・だけどいつかは・・・
 いつだって何かの終わりは、何かの始まりなのだから~


『歩行祭』
朝から翌朝の八時まで昼夜を問わず歩くというこの行事
修学旅行のない北高にとって最高、最大、最強、最悪・・・のイベントだ
特に三年生にとっては高校生活最後の苦行・・・・・
友情、恋愛、そして旅立ち・・生徒たちは歩行祭に挑む
そんな中に西脇融と甲田貴子という生徒がいた
彼等も他の生徒と同様に秘めた想いを抱え高校生活最後の歩行祭へ臨んだ
誰にも言えない密かな賭け・・・・
そんな彼等の爽やかな青春ストーリー


林間学校、修学旅行、合宿、思い出しますね~
大勢の友だちと寝起きを共にするのは限られたイベントしかないので
ドキドキ、ワクワク
楽しかった!!!
そして、こういうイベントには甘酸っぱい思い出がつきもの
けいたもあったような、なかったような・・・

この物語の学校である北高は修学旅行がない
『歩行祭』がそれに代わるもの
生徒たちは様様な想いを持ちこれに参加する
お話は西脇融、甲田貴子というふたりの三年生の視点を通して語られていく
このふたり・・人には言えない秘密を抱えいてる・・・
ってお話

んーけいたは乗れなかった
初の恩田陸作品だったのに・・・
なんだろう?
本屋大賞も獲った大人気の作品・・・・・
夏休みで子供たちが横でちょっかい出してくるからか・・・・・・
『歩行祭』以上のお話でなく以下のお話でもない・・・
全編この空間の中で語られる三年間の想い、旅立ちへの不安・・・わかりますよーその感覚!!
でも、でも、けいた的にはちょっと退屈・・・・・
学生時代に読んでいたら違う印象になったのかなぁ~
って感想
(このお話は著者の出身校にある「歩く会」というイベントが題材になっているとのことです 本当にあるんですね このような行事が)

第2回本屋大賞受賞作品
第26回吉川英治文学新人賞受賞作品

『夜のピクニック』劇場版予告編 You Tube より


以下気ままな評価です
読んでよかった!★★☆☆☆

ランキング参加中です
よろしければ『ポチッ』とお願いいたします
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 恩田 陸

tb: 0   cm: 4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。