小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

神去なあなあ日常    三浦 しをん 著  

~林業と神様となあなあ生きていこうよ~

【神去なあなあ日常】 三浦 しをん 著

俺の名前は、平野勇気
高校を出たら、まあ適当にフリーターで食っていこうと思っていた
だけどさ、担任の熊やんと母ちゃんに騙された!!
卒業してすぐに三重県中西部にある神去村に送られた
地場産業が林業の過疎化の村だ
すぐにでも逃げ出してやろうと思っていたんだけど・・・・・
弱っちい俺が何か見つけてしまった
大自然と共存する人々との関わり合いで発見した生きていくことの意味
林業をリスペクトする
林業エンターテイメント小説の傑作!!


『なあなあ』・・・(ゆっくり行こう、まあ落ち着けという意味)
これ、いい言葉

読んでいるだけで目がかゆーくなります
読んでいるだけで自然を山を司る神様の存在を近くに感じます

過疎化であったり
老齢化であったり
厳しい現状の林業をキャラの濃い登場人物たちの人間関係とか恋愛とかでちょっとくだけたお話にした作品
確かにけいたにとっては、林業って馴染み薄いです
農業、漁業、畜産業・・・・こちらはテレビなどでよく見かけますが
林業・・・
一世代では何もなしえない職業で
何世代か後に結果が出る
「なあなあ」
この精神ですよね

ほっこりした雰囲気は心地いいんだけど
ほっこりしたまま終わってしまった感じ・・・
もしかしたら三浦しをんさんとは相性よくないかも・・・

クライマックスは四十八年に一度だけ行われる大祭
巨木を下ろす儀式!!!
よっしゃー 気合い入れて

「ファイトォオォ!」
「いっぱぁあつ!」




ランキング参加中です
毎度ありがとうございます!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 三浦 しをん

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 0

まほろ駅前多田便利軒    三浦 しをん 著  

まほろ駅前で便利屋を営む多田啓介
ある日、高校の同級生であった行天春彦と再会
ここから始まる二人の生活
お互いを非難しながらも息の合ったコンビとして訳ありな仕事依頼をこなしていくが・・・
さまざまな人間模様を痛快に描いた便利屋物語。


一話完結の物語を主人公の多田と行天が痛快に解決していく物語
登場人物は個性に溢れている
多田の相方となる行天は元同級生でありながら高校時代はほとんど言葉を交わしたことがない間柄
チワワの飼い主探しで出会ったのはコロンビア人と名乗るこてこての日本人の娼婦、ルルとハイシー
親に関心を持たれず育ちあぶないアルバイトをしている小学四年生の由良
その危ないバイト先の元締めの星
一話終わるたびにサブレギュラーが増えていく

んーー正直、退屈でしたぁーーー途中まで

とにかく最後まで読んでみて

終わりよければすべてよし

有終の美

最後は 感動ですよ

多田と行天は同じ過去を持っていて

バツイチで子供もいたということ

ですがこの過去が正反対の過去であることが最後!!!明かされる!!!!


第135回直木賞受賞作品

「まほろ駅前多田便利軒」劇場版予告編


以下私的適当な評価です

感動!★★★☆☆
ストレス発散!★★☆☆☆
おどろき!★★★☆☆
ユーモア!★★★☆☆
よんでよかった!★★☆☆☆

ランキング参加中です
クリックおねがいいたします
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ  人気ブログランキングへ

category: 三浦 しをん

tb: 2   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。