小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

王とサーカス    米澤 穂信 著  

~報道・・・・娯楽~

【王とサーカス】 米澤 穂信 著

わたしはまだ、
なにをも知っていないのだ。
ひとにものを訊く意味も。
ひとにものを伝える意味も。


彼女は何を見、何を胸に刻んだのか。

二〇〇一年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…。「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは―」疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?
『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。二〇〇一年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!
                                        【内容紹介より】


この物語の主人公・太刀洗万智シリーズは第二作目ということであります
今回のお話しは、実際にあったネパール王族の事件を土台に作られたミステリー
とは言ってもミステリー色は薄目
ネパールに事前取材に訪れた女性が思ってもみなかった事件に巻き込まれ、人生と仕事について自問自答して行く物語

王族内で起きた死傷事件
自身に降りかかるものならば事件だが、自分に係わりのない事柄ならば・・・・・報道は娯楽となってしまうのか・・・・・
多くの人々に物事を伝える意味、ジャーナリストの存在意義
彼女の答えは・・・・・・

王族事件を取材していく過程で新たに事件が起こります
この事件は王族関連の事件なのか、それとも・・・・・・
真相へと行き着く過程にドキドキ感はほとんどなくて、とっても地味な印象
異国情緒漂う、静かな落ち着いた感じの物語となってます
本筋は彼女の自分探しの旅といったところでしょうか
彼女の考え方はもっともで納得できる結末にも安心感があります
多くの人たちにとってニュースは娯楽の一端であることは確かかも
ちょっと考えさせられるし、反省もさせられるし・・・・・・
秋の夜長にゆったりとした気分で読むならばとてもおススメだと思いますよー



ランキング参加中!!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 米澤 穂信

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

満願    米澤 穂信 著  

~その犯行には、人生よりも深い謎がある~

【満願】 米澤 穂信 著

人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは――。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、フリーライターなど、切実に生きる人々が遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジック。「日常の謎」の名手が描く、王道的ミステリの新たな傑作誕生!
                                              【内容紹介より】



「どん!!」と安定感のある秀作揃い
六編からなる短編集であります

『夜警』
若い警官が殉職する
彼はなぜ死んだのか・・・・・・
彼はなぜこの事件に係わりを持つことになったのか・・・・・・
それは自己の人間性に垣間見ることが出来た
ベテランの警官の目を通して紐解いていく・・・・・

『死人宿』
かつての恋人と人里離れた宿で再会した
その宿に集まる客の多数は死を望んでいるという
そして、また、死を選択したある人物が
死を留まらせることができるのか・・・・・・

『柘榴』
両親が離婚する
幼い姉妹が巻き込まれる親権争い
父、母、どちらが親権を握るのか・・・・・
結論は姉妹しだいだ・・・・・

『万灯』
バングラデシュで天然ガスの独占供給を試みるある男
彼は人間としての行ないを逸脱してしまう
この先彼に待ち受ける予想もつかない悲劇・・・・・・

『関守』
人里離れた峠道にあるドライブイン
何故かこの先の山道で多くの人が事故で命を失っている
見通しの良いこの道で事故が起きる
理由は確かにここにあった・・・・・・

『満願』
私は念願叶い弁護士になった
初めて弁護することになった被告人は学生時の下宿先の女将さん
彼女の容疑は殺人
サラ金の取り立てやの男を殺した
正当防衛も成り立ちそうなこの事件だか女将さんは控訴を取り下げるという・・・・・何故だ・・・・・・

全ての作品に味があって
楽しめた~
硬派な作品から異次元に迷い込んだような話まで

最近読了した二つの短編集
長岡弘樹氏の『傍引き』と『波形の声』

個人的に言えば圧倒的勝利は『満願』!!!

揃いもそろって素直には終わらない結末に感心(*^^)v
先の見えない道筋と終着地に心躍ります

第二十七回山本周五郎賞受賞作品

ご堪能くださいませ!!!!!



ランキング参加中!!
『ポチッ』と応援お願いいたしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 米澤 穂信

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

インシテミル    米澤 穂信 著  

~時給十一万二千円の密室にて殺人ゲーム~

【インシテミル】 米澤 穂信 著

「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給11万2000円がもらえるという破格の仕事に応募した12人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった——。いま注目の俊英が放つ新感覚ミステリー登場。
                                            【内容紹介より】



年齢性別不問
一週間の短期バイト
ある人文科学的実験の被験者
一日あたりの拘束時間は二十四時間
人権に配慮した上で、二十四時間の観察を行う
期間は七日間
食事は三食提供
個室の用意あり
ただし、実験の純粋性を保つため外部からは隔離する
収束時間には全て時給を払う


暗鬼館と呼ばれる密室で行われる殺人ゲーム
参加者たちは様々な背景を持ち合わせた若者から老齢の男女十二人
多額の報酬が目当てで参加したという点では共通しているが目標金額、動機も皆それぞれ
ルールがあり、七日間何事もなくこの密室で過ごせば一千八百八十一万六千円
しかし、ボーナスと呼ばれるオプションが設定されている

人を殺した場合
人に殺された場合
人を殺した者を指摘した場合
人を殺した者を指摘した者を補佐した場合
諸々・・・・・・

もちろん何事もなく平穏無事に事が収まる訳もなく・・・・・事件です!!

感想ですが

クローズド・サークル・・・・・ロジック、フーダニイットを楽しむ物語かと思ったのですが・・・・・ちょぃと弱いか

とっても気になるのが悪趣味な主宰者の存在なんですけど
そちらへのコンタクトは少なく肩すかし

主人公も含め、何か・・・・コイツ・・・・あるな・・・・
と感じさせながら進むお話の割には読者を裏切るような結末はあまりなかったような感覚ではありました

期待が大きすぎたかな

映画は観ていませんが映像化されたパニックムービーとしては楽しいのかも

『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』予告編ver2 You Tube より
  

ランキング参加中です
よろしければ『ポチッ』とお願いいたします
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 米澤 穂信

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。