小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

光媒の花    道尾 秀介 著  

【光媒の花】 道尾 秀介 著

一匹の白い蝶がそっと見守るのは、光し影に満ちた人間の世界―。認知症の母とひっそりと暮らす男の、遠い夏の秘密。幼い兄妹が、小さな手で犯した闇夜の罪。心通わせてた少女のため、少年が口にした淡い約束・・・・・・。心の奥に押し込めた、冷たい哀しみの風景をやがて暖かな光が包み込んでいく。すべてが繋がり合うような、儚くも美しい世界を描いた全6章の連作群青劇。
第23回山本周五郎賞受賞作品。
                             【内容紹介より】


主役の人物が脇役へお話をバトンタッチしていく短編集

登場人物たちは多様な悩みや秘密を抱え生きている

そこに隠された事件

何気ない生活の中で誰もが係わるかもしれないあの事柄

やりきれないお話も多くあるけど

いつか光はそこに射す

ここで生きる

道尾氏の渾身のミステリー



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 道尾 秀介

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

カラスの親指    道尾 秀介 著  

【カラスの親指】 道尾 秀介 著

ど派手なペテン、仕掛けてやろうぜ!!
「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品
道尾秀介の大人気作品がついに文庫化!
第62回日本推理作家協会賞受賞作品

人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは? 息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。道尾秀介の真骨頂がここに!
                                           【内容紹介より】


波乱万丈な人生

闇金融から多額の借金を背負った男

家族をなくし、自身が取り込まれ、闇金の取り立て屋に

借金により不幸になった男は同じ境遇の人々を増やして行く

悩み、何もかもが嫌になった男は組織から逃亡する

逃げる・・・・・・・

そして、男は詐欺師になった・・・・・

彼は人生一発逆転の行動に出る!!!・・・・のだが・・・・・・


はいはいはい(#^.^#)

そういうことですか

『詐欺師』のお話です

騙し騙されのお話ですからねー

気をつけましょうねー

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードのあれですよ・・・・・

  

ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 道尾 秀介

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

透明カメレオン    道尾 秀介 著  

~新しい今をつくる~

【透明カメレオン】 道尾 秀介 著

ミステリ×家族×恋愛×策略

ジャンルを超越する俊英が
情熱と技術の全てを注ぎ込んだ、
2015年最強のエンターテイメント小説!!

今夜も僕は、世界をつくる。
少しの嘘と、願いを込めて。


ラジオのパーソナリティの恭太郎は、冴えない容姿と“特殊”な声の持ち主。今夜も、いきつけのバー「if」で仲間たちと過ごすだけの毎日を、楽しくて面白おかしい話につくり変えてリスナーに届ける。恭太郎が「if」で不審な音を耳にしたある雨の日、びしょ濡れの美女が店に迷い込んできた。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる彼らだが―。

陽気な物語に隠された、優しい嘘。
驚きと感動のラストが心ふるわす―。

                           【内容紹介より】


道尾作品の中では lightな感じのお話かなって読み始めました

魅力的な声を持つ人気ラジオパーソナリティの彼
だけど、容姿は、想像もできないほどのイケてない男子
それゆえに引きこもりの過去を持つ
彼が唯一心許せる仲間たちはバー『if』に集う
そこに現れる謎の美女
彼女が発した言葉
「コロシタ・・・・・・」
これを聞いた彼らはひと騒動に巻き込まれ・・・・・・
てなお話

この事件の真相・・・・・・ってのも一つの読みどころなんだけど
一件落着と思いきやその後に・・・・・・・・・・・

今まであった風景が一変!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ビックリしましたね~

完璧に油断してた(^_^;)

所々に折りこまれるラジオトークの一片
これがねー楽しいんですよ
事実を元に作られる想像されたお話なんだけど
これがこの物語の胆だよねー
人の心を豊かにするとっても温かくて、清々しい感じ~のトークだね~
なんて思いながら読んでたんですけど
むむむむむ
もっと、もっと!!重要な一片だったんだ!!!
とラストに気づかされます

どんなんかって?

ここでは言えません・・・・・・

読んでみてのお楽しみですよ(^o^)^o^)

あのカメレオンをもう一度飼いたいと、僕は大人になってから何度か思った。しかし、それはなかなか難しかった。見えるものしか見えなくなってしまったのは、いつの頃からだろう・・・・・・・・・・・・・・



ランキング参加中です!!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 道尾 秀介

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。