小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ハーメルンの誘拐魔    中山 七里 著  

【ハーメルンの誘拐魔】 中山 七里 著

俺たちの働きに、少女の命と日本警察の面目が懸かっている。

病院からの帰り道、母親が目を離した隙に15歳の少女・香苗が消えた。現場には中世の伝承「ハーメルンの笛吹き男」の絵葉書が残されていた。警視庁捜査一課の犬養隼人が捜査に乗り出し、香苗が子宮頚がんワクチン接種の副作用によって記憶障害に陥っていたことが判明する。数日後、今度は女子高生・亜美が下校途中に行方不明になり、彼女の携帯電話と共に「笛吹き男」の絵葉書が発見された。亜美の父親は子宮頚がんワクチン勧奨団体の会長だった。ワクチンに関わる被害者と加害者家族がそれぞれ行方不明に。犯人像とその狙いが掴めないなか、さらに第三の事件が発生。ワクチン被害を国に訴えるために集まった少女5人が、マイクロバスごと消えてしまったのだ。その直後、捜査本部に届いた「笛吹き男」からの声明は、一人10億、合計70億円の身代金の要求だった・・・・・・。
                                    【内容紹介より】


シリーズ第三弾ですがお初の犬養さんです

前作、前々作の内容は分かりませんが社会派の警察小説であります

今回は少女たちへの子宮頸がん定期接種問題を題材とした物語

面白かったでよー!(^^)!

人情味溢れるストーリーは東野さんちのあのシリーズにも似てるかな

犬養さんはどちらかというとサッパリ系な感じもしますが

子宮がんワクチン接種の副作用・・・・被害者である不自由な生活を送る少女たちが誘拐されるわけだけど、加害者(子宮がんワクチンの定期接種を推進する側)の娘も同じく犯人に拉致される

ここに何らかの思惑と真相が見え隠れしてくる中で・・・・・・・・・

登場人物すべてに目を凝らし、真相探しを楽しんでくださいねー(*^-^*)

あまり身近に感じていなかったワクチン接種の問題

我が家にも娘がいるので良い題材の物語を読んだなっと思いました



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 中山 七里

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

総理にされた男    中山 七里 著  

~政治は理屈じゃない。感情だ!~

【総理にされた男】 中山 七里 著

総理の“替え玉”にされた売れない舞台役者が国民の怒りと願いを代弁する。
圧巻の予測不能な展開!読み終えた後の爽快感は必至!


人気作家・中山七里が政治の世界をわかりやすく、感動的に描いた、ポリティカル・エンターテインメント小説!

売れない舞台役者・加納慎策は、内閣総理大臣・真垣統一郎に瓜二つの容姿とそ精緻なものまね芸で、ファンの間やネット上で密かに話題を集めていた。ある日、官房長官・樽見正純から秘密裏に呼び出された慎策は「国家の大事」を告げられ、 総理の“替え玉”の密命を受ける 。慎策は得意のものまね芸で欺きつつ、 役者の才能を発揮して演説で周囲を圧倒・魅了する 。だが、直面する現実は、政治や経済の重要課題とは別次元で繰り広げられる派閥抗争や野党との駆け引き、官僚との軋轢ばかり。政治に無関心だった慎策も、 国民の切実な願いを置き去りにした不条理な状況にショックを受ける。義憤に駆られた慎策はその純粋で実直な思いを形にするため、国民の声を代弁すべく、演説で政治家たちの心を動かそうと挑み始める。そして襲いかる最悪の未曽有の事態に、慎策の声は皆の心に響くのか――。
                                 【内容紹介より】


はい!楽しめました~(#^^#)

現役の総理大臣に容姿がそっくりな鳴かず飛ばずの役者があることをきっかけに総理の身代わりとして孤軍奮闘するお話

政治に疎い方にとってもおススメ

中山氏の指向が大いに物語の方向性を決めていることは確かだと思うけど、普段いかにマスコミによる情報の刷り込みが世論の誘導に関与しているのかってことが感じられて、とても意義のある時間でした

国民、震災、官僚、テロと国内外の問題を前に素人だけど世のため人のためと情熱を注ぐ主人公

がんばれ!!

みんなが応援したくなる人柄はこれが本当のリーダーだろと思わせてくれます

そして、ラスト一行のあの人へ贈る言葉

うーん!!
やられちまいました!(^^)!



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 中山 七里

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

いつまでもショパン    中山 七里 著  

~震えて待ってるがいい、ポーランド
      テロの恐怖はすぐそこにある~


【いつまでもショパン】 中山 七里 著

2010年4月10日、ロシア西部上空
ポーランド大統領専用機のエンジンが爆発、炎上
緊急着陸を試みるも大統領夫妻以下、九十六人は全員死亡した

国際ショパン・コンクール開催中のポーランド国内で頻発するテロ
そして、大統領専用機墜落事件の解決に着手してきた刑事が殺された
すべての指を切断されて・・・・・
真犯人のコードネームは〈ピアニスト〉
〈ピアニスト〉の狙いは何であるのか
テロの恐怖は終わることなく続く・・・・・
コンクールに参加していた日本人ピアニスト・岬洋介
類まれなる洞察力で事件の真相を突き止めるが・・・・
『さよならドビュッシー』シリーズ第三弾!!


『さよならドビュッシー』『おやすみラフマニノフ』『さよならドビュッシー 前奏曲(プレリュード)~要介護探偵の事件簿』に続く
ピアニストであり優秀な探偵でもある岬洋介シリーズ
けいた、初参戦です

突然ですが
けいた人生で最も高価なお買い物ベスト3にもランクインするピアノ
自分用ではなく
演奏するのは長女
楽器音痴のけいたです

『いつまでもショパン』ですものね
ショパン
音楽家
ショパン・コンクールって
ピアノのコンクールだよね
物語の大半を費やすコンクールのくだり
ピアノ演奏の臨場感、緊迫感が
まったく
分からん・・・・・
どんなに演奏を音楽を名曲を文字にして文章として生き生きと情緒豊かに表現しようともこんな読者では何も響くことはなく
まったくもって中山七里様、そして、フレデリック・フランソワ・ショパン様に申し訳ない・・・・・

リンクするポーランドとショパンコンクール
そして、アフガニスタン情勢
顔を覗かせるシリーズの登場人物たち

普通にミステリーをお求めの方は痛い目に合うかも
クラシック音楽が主題です
御間違いないように



ランキング参加中です
『ポチッ』とうれしいです!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 中山 七里

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。