小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Aではない君と    薬丸 岳 著  

~心とからだと、どっちを殺したほうが悪いの?~

【Aではない君と】 薬丸 岳 著

殺してないと言ってくれ

自分の子が ゛少年A゛ になった。
弁護士には何も話さない。
苦悩する男が選んだのは「付添人」という道だった。

子供が罪を犯した時、親にできることは何か。

勤務中の吉永のもとに警察がやってきた。元妻が引き取った息子の翼が死体遺棄容疑で逮捕されたという。しかし翼は弁護士に何も話さない。吉永は少年法十条に保護者自らが弁護士に代わって話を聞ける『付添人制度』があることを知る。生活が混乱を極めるなか真相を探る吉永に、刻一刻と少年審判の日が迫る。
                             【内容紹介より】


大好きな薬丸岳作品

今回は非常に重い作品であります

自分の子が人を殺めてしまったら・・・・・

というお話

事件を起こした理由・・・・・・

もちろん殺人はやってはいけないこと

どんな理由があろうとも

だけど・・・・・・と・・・・・・とても考えさせられる

親と子の微妙な関係も現代の家族が抱える問題を象徴していて、こちらも大好きな作家さんである重松清氏の作品を読んでいるかのようにも感じられた

とても印象深い作品

他人ごとではない

『心とからだと、どっちを殺したほうが悪いの?』

どう思いますか?



ランキング参加中!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 薬丸 岳

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

アノニマス・コール    薬丸 岳 著  

~なぜ追われるのか・・・~

【アノニマス・コール】 薬丸 岳 著

「お嬢さんを誘拐しました」

1本の匿名電話が、男を過去に引き戻す―

敵は警察と誘拐犯。
警察に裏切られた男の、
執念の追走劇の幕が開く!


社会派ミステリの旗手による超弩級エンタテイメント!!

3年前のある事件が原因で警察を辞めた真志は、妻の奈緒美と離婚、娘の梓と別居し、自暴自棄な生活を送っていた。ある日、真志の携帯に無言電話がかかってくる。胸騒ぎがして真志が奈緒美に連絡すると、梓は行方不明になっていた。やがて、娘の誘拐を告げる匿名電話があり、誘拐事件は真志がすべてを失った過去の事件へつながっていく。一方、真志を信じられない奈緒美は、娘を救うため独自に真相を探り始め―。

予想を裏切る展開の連続と、胸を熱くする感涙の結末。

今年度NO.1のサスペンス長編!!
                                    【内容紹介より】


大好きな薬丸作品であります

今回の作品はドキドキハラハラの

スリル満点なエンターテイメント作品ですよー!!

おもしろかったでーす(^_^)/

男は元警察官
業務外の『ある事件』の真相を追っている最中に無実の罪を着せられ社会的地位をすべて失った
三年後、男の娘が誘拐される
誘拐犯の目的は金ではない
かつて男が追っていた『ある事件』の捜査内容だ
誘拐犯の正体を追う男
しかし、男は警察に追われることになる
なぜ・・・・・・・・
敵は誘拐犯、そして国家組織
男は事件の真相解明、そして娘を救うことができるのか!!!!
てなお話

追われながら追う

娘の誘拐事件と三年前の事件との関係性
警察機構の秘密

前半からコヤツ怪し~よな~なんて思ってた人物がいたんだけど
ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・

疾走感があって悲壮感があって、裏切りありーの、復活愛ありーの盛りだくさん

元奥さんとのコンビプレーがよかったです(*^^)v

おススメです(*^_^*)



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ

category: 薬丸 岳

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

誓約    薬丸 岳 著  

~ここから抜け出すための約束だった~

【誓約】 薬丸 岳 著

一度、罪を犯した人間は、幸せになってはいけませんか。

捨てたはずの過去から届いた一通の手紙が、
封印した私の記憶を甦らせるーー。十五年前、アルバイト先の客だった落合に誘われ、レストランバーの共同経営者となった向井。信用できる相棒と築き上げた自分の城。愛する妻と娘との、つつましくも穏やかな生活。だが、一通の手紙が、かつて封印した記憶を甦らせようとしていた。「あの男たちは刑務所から出ています」。便箋には、それだけが書かれていた。

一度罪を犯したら、人はやり直すことはできないのだろうかーー。究極の問いを突きつける長編ミステリー。
                                    【内容紹介より】


さすが
薬丸岳!!!!!!!!!
今作品もおもしろかったでーす(*^_^*)

親に捨てられた
世間から白い目で見られていた
生活は荒れ、罪を重ねた
彼を待っていたのは、暴力団から命をも狙われる逃亡生活
老婆に出会った
頼みごとと引き換えに新しい戸籍と容姿を手にした
頼みごととは服役しているある男二人を殺害してほしいというもの
時は過ぎた
彼は結婚し、子どももできた
幸せな生活を送っていた
過去の自分のことなど忘れていた
手紙が届く
「あの男たちは刑務所から出ています」・・・・・・・・・と
てなお話

殺しの依頼をした老婆はその時点で病魔に侵されていて程なくして亡くなった
手紙は誰が送りつけてきたのか
目的はなんであるのか

恐いですね~

要求は手紙だけにとどまらず・・・・・・・・
正体不明の恐怖

かつて罪を起こした
償いはせず
心を入れ替え
今は幸せな生活を送っている・・・・・・だけど・・・・・・
過去に彼によって被害を受けた忘れ去られた人たち・・・・・・・・・・

さてさて結末は・・・・・・

ラストはあっち?こっち?どっち?
黒幕捜しについては詰め込み過ぎな感もありましたがそれを差し引いても間違いない!!作品です(*^^)v



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 薬丸 岳

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。