小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

破線のマリス    野沢 尚 著      

~映像は実像を映すのか
  それとも事実無根の虚像なのか・・・~


【破線のマリス】 野沢 尚 著

雑居ビル屋上から弁護士が転落、死亡した
地方行政の汚職の告発では必ず耳にする弁護士・・・・・
しかし、黒い噂は絶えなかった・・・・・

首都テレビ報道局の大人気ニュース番組『ナイン・トゥ・テン』
この番組の映像編集を担当していた遠藤瑤子の元にあるビデオが送られてくる
先に起きた弁護士転落死
ビデオには、この事件の黒幕を臭わせる告発映像が録画されていた
放送行政局の男・・・
編集の魔術師・遠藤瑤子は独自の思考と推理で映像を編集し、視聴者に訴えかけた
・・・・これが事件の真相だ・・・・と
しかし!
この告発映像は彼女に向けられた罠であった!
瑤子にビデオを送りつけた真の理由は!!
映像のプロが映像という罠に嵌る
テレビ業界騒然のミステリーがここに!!!


大人気シナリオライターであった野沢尚氏の第43回江戸川乱歩賞受賞作品

題名の【破線のマリス】
破線とはテレビ画面を構成している五百二十五本の走査線のこと
(現在のハイビジョン映像ではこれの倍らしい)
マリスとは報道の送り手側の意図的な作為または悪意のことだそうです

テレビ報道
映像による報道は真実を伝えられるのかという主題の基に作成されたミステリー
自己のスキルに絶対的自信を持っている女性編集員が自身の思考と技術に騙されていく
一つの行動に湧き上がる推理、予測を真実と置き換えてしまうモンタージュ
映像は・・それを可能にする
そんなとっても恐ーい物語

でもね
事件の結末・・・・・
後味の悪いこの感じは良いのだけれど・・・・・
犯人はどうなのかな
これでいいのか
ちょっと尻すぼみのような・・・
盗撮した人物も・・・あなたなの・・・
んー
危機が迫り、追い込まれていく過程はすっごく緊迫感があってドキドキしたのだけれど
犯人が・・・・・けいた好みではなかったかな

 

ランキング参加中です
『ポチッ』とうれしいです!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 野沢 尚

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。