小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

島はぼくらと    辻村 深月 著  

~むかしも今もこれからも
   ぼくらの心はここにある~


【島はぼくらと】 辻村 深月 著

瀬戸内海に浮かぶ小さな島、冴島
ここに住む高校生、四人の幼馴染たち
母と祖母、女三人で仲良く暮らす素直な性格の朱里
イマドキの容姿で気の強い性格の衣花
父のロハスに巻き込まれ、二歳のときに東京からやってきた源樹
純な演劇少年の新
彼らは高校を卒業すると島を出る
共に過ごす季節はあとわずか
そんな彼らと島の人々との心温まる物語


「女が田舎で生きていくのに、おじさんたちにへこたれていたら何もできない」

いいお話 ちょっと目頭うるうる・・・・

日々の暮らしの中にある苦悩と葛藤、そして、喜びと幸せ

瀬戸内海に浮かぶ孤島・冴島を舞台に繰り広げられる心温まる物語が本土の高校へ通う幼馴染、男2人に女2人の4人組の目を通して語られていく

新しくやってくる移住者と地元住民たちの係わり合い
島の過去から現在に至るまでの出来事
島に居続けるということの苦難と幸福

登場人物一人一人がとっても愛らしくて魅力的
初々しい高校二年生・幼馴染四人組
喜びも悲しみも共に味わった祖父母に肝っ玉母ちゃんたち
だけど、みんな色々な事情があるのです

そして、過疎化という問題
積極的に行うIターンやシングルマザーの受け入れ
島の資産を有効活用するために生まれたお母ちゃんたちのおらが会社『さえじま』は、ネット社会の拡大を上手に使った事業
ここにも成功があったり、失敗があったり

物語を盛り上げる
本木くんのサプライズ!!
ヨシノのサプライズ!!
ウエノ先生のサプライズ!!

前半にある出来事はことごとく
繋がる!繋がるねー!気持ちいーくらいに繋がるねー!!
これ、出来すぎでしょーってくらいに繋がります!!!

友愛、家族愛、地元愛、愛いっぱい

最後に
『地域活性デザイナー』のヨシノが送るこの言葉
仕事に対しての遊び心と余裕が感じられるちょっといいなと思った言葉です

「しっかりっていうより、ちゃっかりていう感じですけど」

はい!!
とってもおすすめ作品【島はぼくらと】でした!!



ランキング参加中です
『ポチッ』とってもうれしいです!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 辻村 深月

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。