小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

十角館の殺人    綾辻 行人 著  

~鮮烈なトリックとどんでん返し、新感覚ミステリーの傑作~

【十角館の殺人】 綾辻 行人 著

半年前、凄惨な四重殺人の起きた九州の孤島に、大学ミステリ研究会の七人が訪れる。島に建つ奇妙な建物「十角館」で彼らを待ち受けていた、恐るべき連続殺人の罠。生き残るのは誰か?犯人は誰なのか?鮮烈なトリックとどんでん返しで推理ファンを唸らせた新鋭のデビュー作品。
                                                    【内容紹介より】



誰もが絶賛する新本格ミステリー
著者のデビュー作にして代表作とも言われるこちらの作品
初読みであります

お話の中心は孤島に滞在する七人の男女に起きる殺人事件
一人また一人と殺される側、殺す側が消去法で削られ・・・・・最後に残る・・・・犯人は????という物語

同じ時間軸で進むお話がもう一つ
本土にて探偵役として進むこちらのお話
孤島で過ごす七人の悲劇を予期し、過去にあった事件との接点を見つけ出す
どう考えても孤島で次々に起こる殺人と関連性を持ってくることは予想される中で結果はこういうことか・・・・・

騙されたのは確か
が、衝撃はイマイチ・・・・

犯人捜しだけに特化した作品のようで、これを良しとするか、はたまた悪しとするかは読み手次第、個人的には後者であり、クローズドサークルのようで、そうではなく、開けてしまった空間を埋めるアイデアは好みではなく、文章から読み取れる細かい情感などが物足りない感覚に少しがっかり

ちょいと苦手な作品であったかな・・・・・・

個人的に驚愕とか、笑いとか、感動とか、悲壮とか、残虐などといった大きく心を動かされる事柄がおり込まれていないと退屈してしまう性分のようで、謎解きのみの作品は苦手であるようだ

登場人物のニックネームと事件のありかたに繋がりがあるのだろうけど・・・・・これが解れば「ニヤッ」とできるのだろうな



ランキング参加中!!
『ポチッ』と応援お願いいたします!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 綾辻 行人

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

鳴風荘事件 殺人方程式Ⅱ 綾辻 行人 著  

~切取り、持ち去られた、黒髪の謎~

【鳴風荘事件 殺人方程式Ⅱ】 綾辻 行人 著

将来の夢と題した自分への手紙をしたため、タイムカプセルとして大きな樫の木の下に埋めた美術部の生徒たちがいた
十年後、彼らは約束に従い、この場所で再会した
しかし、その夜・・・・・
宿泊した別荘【鳴風荘】で事件が起きる
メンバーのある女性が、黒髪を切られ、そして、殺されたのだ
元美術部の一員であった明日香井深雪は、義理兄の明日香井響の力を借りて、犯人捜しに協力する
何故、黒髪は、切断され、持ち去られたのか!
六年前にあった事件との関係とは!
双子の明日香井兄弟が活躍するシリーズ第二弾!!


明日香井叶、深雪夫妻と叶と双子の兄弟である響の三人が活躍する謎解きシリーズの第二弾であります
・・・・・と言っても叶はお飾りみたいなものですが・・・・・

ザ・推理小説!!

お話のスタートは、六年前あった殺人事件
実は、この殺人事件、叶、深雪夫妻の出会いの場であった訳ですが、これが後の、鳴風荘の事件に繋がっていきます
超能力的な能力を持ち合わせた姉妹が六年もの時を経て殺される
長い黒髪を切断されて・・・・・
5W1H
作者から読者への課題であります


ではここで、謹んで読者の注意を喚起する
かねてより敬愛してゆまぬ先人の例にのっとり、それがまったく無防かつ不遜な行為となるかもしれぬことを重々承知した上で、作者はここにおいて、親愛なる読者諸氏に挑戦する。
・・・・・・を殺害した犯人は誰か?
また、その答を導くための論理的根拠は?
本編のこの段階までに、読者諸氏は上記のささやかな問題に対する正しい解答を示しうるのに必要な情報のすべてを入手されている。
いまだ示されざる情報もあるではないかとの反論も予想される。たとえば明日香井響が病室において行った「計算」の何たるか。たとえば彼が鳴風荘を再訪して行なった「測量」の何たるか。確かに、彼が真相の解明に先立って実行したそれらの行為の具体的内容は、ここではまだ明らかにされてはいない。
しかしながらそれらは、純粋に論理的あるいは心理的な考察および洞察によって彼が辿り着いた解答を、あくまでも確認するために必要な作業であったにすぎない。慧敏なる読者諸氏においては、彼がどのような「計算」を行ない、どのような「測量」を行なう必要があったのか、それらを正しく云い当てることもすしこぶる容易なはずであると、作者は確信する。
また、次章で披露される明日香井響の推理は、それが実際の犯人逮捕に結びつくまでには、まださらに二、三の確認調査を必要とする。その確認調査がどのようなものであるのか、これも現時点において充分に推測可能であるということを、ここに明記しておきたい。



えー
そうなん?
まったく・・・・・???????

以降のお話でコナン君ばりに推理を展開して、事件の真相を解き明かしていくのですが

そんなん・・・わかるかい!!!

まー
確かに、確かに
このちょっとした反応がヒントだったのね
性格だったり、体質だったり・・・・ふむ・ふむ・ふむ・・・・・
でもね・・・・・
・・・・・むずかしい

みなさん
作者からの挑戦状です
解読してみて下さいね!!

降りられるんかいな・・・・・



ランキング参加中です
よろしくお願いします!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 綾辻 行人

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

殺人方程式 切断された死体の問題 綾辻 行人 著  

~頭部と左腕が切断された訳・・・~

【殺人方程式 切断された死体の問題】 綾辻 行人 著

宗教法人『御玉神照命会』の女教主が死んだ
他殺の線が、濃いこの事件の最大の容疑者は、教主の夫であった
しかし、その夫は、頭部と左腕を切断された無残な姿で発見される
なぜ、犯人は、死体の頭部と左腕を切断する必要があったのか?
警視庁刑事・明日香井叶は、双子の兄・響と不可解な事件の謎に挑む!!
本格派推理小説の傑作!!


珠玉のフー&ホワイダニットです

新興宗教の教主が殺される事件が発生
教主を殺した犯人として容疑が懸けられていたのは、夫
しかし、有力な証拠がなく・・・・・・
その後、教主を継ぐべく、お籠りをしていたはずの夫は、バラバラ死体として発見される
なぜ、頭部と左腕が切断されたのか?
犯人は、誰なのか?
という物語

んー
そういうことですかー

そういえば、違和感のある、人物説明がありましたね~

主役である警視庁の刑事・明日香井叶と双子の兄・響が事件を解決していきます
刑事であるはずの叶の頼りなさと冷静沈着で洞察力に優れる、大学院に通う兄・響の逆転の立場と二人の会話がお話をググッと楽しくしています

登場人物(容疑者たち)は、愛人諸々、宗教関係者諸々、弱み握られ組・・・・・・

犯人は誰?
動機は?
死体を切断した理由は?
さぁ!みなさん!
挑戦してみて下さいね!!

この死体の運び方は無理じゃね~



ランキング参加中です
よろしければ『ポチッ』とお願いいたします
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 綾辻 行人

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。