小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

卒業写真    市川 拓司 著  

~淡い想いは今もそのままで~

【卒業写真】 市川 拓司 著

わたしは柔和な善人顔の青年から声をかけられた。中学の同級生、渡辺くんだった。あの頃と同じ、丸顔に丸い眼鏡。思い出話を続けるうち、もう一人の「渡辺くん」への淡い恋心が蘇った。リバー・フェニックス似の“かわちゃん”、彼は今どうしてるんだろう…。話題の恋愛アンソロジー『I LOVE YOU』収録の珠玉短編、市川拓司が描く幼い恋のその後。
                                     【内容紹介より】


アンソロジー作品『I LOVE YOU』からの切り売り作品です

久しぶりに中学校時代の同級生に遭遇

名前は渡辺くん

あの頃、クラスには、二人の渡辺くんがいた

小太りで何でも話せた渡辺くんと・・・・イケメンの渡辺くん

イケメンの渡辺くんに淡い恋心をもっていた

目の前に現れた渡辺くんは残念ながら小太りの渡辺くん

なんだろう?

話がかみ合わないこの感覚・・・・・・・

胸の奥の方がドキドキする・・・・・・

ってお話

中学校を卒業して何年経ったんだろう?
二十・・・・・・うん年・・・・・・・???
街でバッタリ出会ったって気づかないだろうね~
あの頃の少年少女も四十・・・・・・うん歳のおじさん、おばさんになってしまったからね~
心はあの頃のままなんだけど
みんな
どうしてますか?
元気してますかー!!!!!



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: 市川 拓司

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

こんなにも優しい、世界の終わりかた    市川 拓司 著  

~人生の終焉、あなたの側らにいる人は~

【こんなにも優しい、世界の終わりかた】 市川 拓司 著

どうやら世界は本当に終わりを迎えるらしい。
なんだか信じられないけど、そしてどうしようもなく悲しいけど、それが真実だ。
終わりは驚くほど静かだ。想像していたのとはまったく違う。
青い光、それがぼくらを終わりに導く。いまだに、それがなんなのかちゃんと説明できるひとに会ったことはない。けれど、とにかくあの光に覆われたらお終いだ。ひとも獣も、鳥も木も、土も水も、なにもかもが動きを止め、そしてたぶんそれきりもう二度となにも起こらない。

けれど・・・それでも、この星のどこかにはお目こぼしに与った場所というのがあって、そこでなら青い光ら怯えることもなく安全に暮らしていけるかもしれない。

ぼくは彼女に会いに行くと約束した。どんなことがあってもそれは守らなければならない。

「うん、必ず行くよ。待ってて」


そして、ぼくは旅立った・・・・・・



ラブ&ファンタジー
世界が青い光に包まれ生命が息絶える
あるきっかけから離ればなれで暮らしている二人が、世界が終わりに近づきながらも互いを求めあい、必要としあうってお話

二人の出会いから今までの物語
家族の物語
それらを取り巻く、行く先々で出会う人々の物語

本当に大切なこととは何であるのか
自分自身の価値とは何であるのか
そんなことを考えさせられるお話です

初恋・・・・・
いいです
甘酸っぱい思い出がよみがえりますー

物語を色で例えるなら
白ですかね
無色ですかね
透明感ハンパね~
って感じです

中年オヤジにとっては、懐かしいような・・・ある意味、鮮度グーな感覚でした!!!



ランキング参加中です
『ポチッ』とうれしいです!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ 人気ブログランキングへ

category: 市川 拓司

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。