FC2ブログ

小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

迷宮遡行    貫井 徳郎 著  

~妻の知られざる正体~

【迷宮遡行】 貫井 徳郎 著

平凡な日常が裂ける―。突然、愛する妻・絢子が失踪した。置き手紙ひとつを残して。理由が分からない。失業中の迫水は、途切れそうな手がかりをたどり、妻の行方を追う。彼の前に立ちふさがる、暴力団組員。妻はどうして、姿を消したのか?いや、そもそも妻は何者だったのか?絡み合う糸が、闇の迷宮をかたちづくる。『烙印』をもとに書き下ろされた、本格ミステリーの最新傑作。
                                          【内容紹介より】


この作品は以前に発表された長編『烙印』を全面改良して、新たなタイトル、語り口で新作として出版されたものだそうです
『烙印』からハードボイルド色を抑え目にし、若干のユーモアを交えた新たなる物語ということ

失踪した妻を微かな手がかりを伝って追い続け最後に想像さえもしなかった妻の正体を・・・・・・というお話

行き着いた場所、人物から一つの小さなヒントを授かり、また次の場所、人物にたどり着く

宝探しのようなワクワク感を持たせてくれる作品なんだけど

んーーーーー

個人的意見としては

「貫井作品にユーモアはいらない」

ユーモアを着せられちゃった感がねー

主人公の兄貴が警視庁のやり手刑事だという設定も・・・意味あるかなーて感じ

ハードボイルドタッチだという『烙印』は未読なので

逆に興味をそそる

機会があれば

読んでみたいと思います



ランキング参加中です
よろしければ『ポチッ』とお願いいたしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 貫井 徳郎

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/415-57294acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。