FC2ブログ

小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

怒り (上)(下)    吉田 修一 著  

~君が信じる人は・・・~

【怒り(上)(下)】 吉田 修一 著

惨殺現場に残された
「怒り」の血文字。
整形をして逃亡を続ける
犯人・山神一也は

どこにいるのか?

殺人事件から一年後の夏。
房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現れ、
大手企業に勤めるゲイの優馬は新宿のサウナで直人と出会い、
母と沖縄の離島へ引っ越した女子高生・泉は田中と知り合う。
それぞれに前歴不詳の3人の男・・・・・・。

衝撃のラストまで
ページをめくる手が

止まらない。

愛子は田代から秘密を打ち明けられ、
疑いを持った優馬の前から直人が消え、
泉は田中が暮らす無人島である発見をする―。

『悪人』から7年、吉田修一の新たなる代表作!
                             【内容紹介より】



ページをめくる手が止まらない・・・・・・その通りの作品!!!!

人を心から信じることができない・・・・・家族、友達、恋人、自分自身・・・・・・
今度こそ心の奥から信じてみたいと願う相手は前歴不詳の人物、見え隠れする不穏な空気・・・・・・

物語は1年前にあった殺人事件の犯人を追う刑事と前歴不詳の若者と係わる3組の物語が併走していきます
もちろん3組のお話は関連性はまったくなく、ここに登場する前歴不詳の人物もまったくの別人である訳で
ただし、共通するのは、前歴不詳の若者が殺人事件の犯人、もしくはこれとよく似た人物ということ
これにより、彼らの人間関係は大いに揺れ動いていくことになるのです・・・・・・・

殺人事件の犯人は整形手術を施し、一般社会に溶け込んでいく
3組の物語に登場する不詳の人物は何者なのか・・・・・・
そして、殺人犯は・・・・・どこに・・・・・

殺人犯の心情はよく解らないだよねー
なぜ『怒り』を抱えながら逃走するのか
それより、この事件に翻ろうされてしまうことになる殺人犯によく似た前歴不詳の人物とそれに係わることになる訳ありの登場人物たちが気になります
むしろお話の本筋もそちらにあるのかな
最終的に登場人物たちは現状から一歩、足を踏み出していく訳なんだけど・・・・この物語のテーマであるであろう「信じる」という心を彼らは取り戻せたのか
確かに目に見えないものを信じるということはとても難しいし、外野からの評価や噂に惑わされてしまうのも事実で・・・

悲しい現実にも直面する彼らだけど、明るい未来が待っていることを願います

こちらの作品も本屋大賞にノミネートされてますね~

『悪人』でハマった方

確実にこの作品でも

ハマれますよ(^_^)/

 

ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 吉田 修一

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/419-ec00ebf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。