FC2ブログ

小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

グランド・フィナーレ    阿部 和重 著  

【グランド・フィナーレ】 阿部 和重 著

終わり、それとも始まり……神町を巡る物語「グランドフィナーレ」という名の終わりの始まり。毎日出版文化賞、伊藤整賞W受賞作「シンセミア」に続く、二人の少女と一人の男を巡る新たなる神町の物語。                                   【内容紹介より】



伊坂幸太郎氏との共作『キャプテン・サンダーボルト』を受けての阿部和重作品初読みです

芥川賞受賞作品
「阿部氏代表作になるのかな」と手に取ってみたものの・・・・・・・

えー よく わかんなーい (´-ω-`)ウーン

三次元の世界を文章で著す表現力はとても興味深くて、すごいなって感じるんだけど
お話自体は何を求めたお話なのか・・・まったく理解できなかった・・・・・(^_^;)
珍しく、この時点で他みなさまのレビューを拝見することにしたが、同じような意見を持つ方々が多くいるようで・・・・・
特に阿部氏のファンの方々の多数はこの作品が「代表作」とは考えておらず、『シンセミア』『ピストルズ』へと続くプロローグ的作品との位置づけとしているようであります

ある男が幼児性愛者であることで妻子を失ってしまうというお話
自分の娘、そして、自分を頼って近づいてくる女児たち
彼女らとの係わりの中で自分自身の葛藤と周りの人物たちとの距離感を繊細なタッチで描いているのです・・・・・
何を表現した作品なのか・・・・・・ 
教えて下さる方・・・・・コメントお待ちしております・・・・・・

その他
『馬小屋の乙女』
『新宿ヨドバシカメラ』
『20世紀』

短編集であります



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: あ行その他の作家

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/422-e75da71f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。