FC2ブログ

小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

終末のフール    伊坂 幸太郎 著  

~命の期限は後八年、あなたはどうする?~

【終末のフール】 伊坂 幸太郎 著

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。
                               【内容紹介より】


生きる期限を宣告された「ヒルズタウン」周辺に在住する人々の生きざまを描いた短編集
地球滅亡まであと八年
小惑星が地球を襲うというニュースは人類を暴徒化させ、略奪、殺戮、何でもあれの世の中に変えてしまった
生き残った人たちは限りのある人生を見据え、生きること、死ぬことを自問自答しながら日々を過ごす
ってなお話

これねー
今ある世界だったり、自身の人生だったりの縮図のようです

死って子どもの頃は遠い出来事だったんだけど
実際はすぐ近くに存在する出来事で
その死を真横に感じながら
人生を歩んでるんですよね

自分が経験するのは、何十年後かもしれないし、一年後かも、明日かも・・・・・
確実なのは人生って長かろうが短かろうが期間限定であるということ

この物語は限られた時間を希望を持って過ごす人であったり、淡々と時の流れに身を任せる人であったり、絶望を心に秘めて過ごす人であったりが登場します
現在進行形の自分の人生はどうなんだろう?
なんて考えさせられましたよ~

もちろんこの短編集は「ヒルズタウン」周辺の物語なので登場人物がリンクしています
あの時のあの人がここに!!!!
キャラも伊坂作品ですから!!!!!

なんて楽しみがあるのでワクワク感も絶好調です(*^^)v



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 伊坂 幸太郎

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/442-4cf1e5b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。