FC2ブログ

小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

海賊とよばれた男(上)(下)    百田 尚樹 著  

~人間尊重の精神は受け継がれる~

【海賊とよばれた男(上)】 百田尚樹 著

1945年8月15日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐵造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。

【海賊とよばれた男(下)】

敵はセブン・シスターズ、待ち構えるのは英国海軍。ホルムズ海峡を突破せよ!
戦後、国際石油カルテル「セブン・シスターズ」に蹂躙される日本。内外の敵に包囲され窮地に陥った鐵造は乾坤一擲の勝負に出る。それは大英帝国に経済封鎖されたイランにタンカーを派遣すること。世界が驚倒した「日章丸事件」の真実。
                                       【内容紹介より】


やっと読みました~(*^_^*)
2年越しかな…
最近何かとお騒がせな百田尚樹氏
2013年、第十回本屋大賞受賞作品であります

出光興産の創業者である出光佐三をモデルに作られたノンフィクション経済小説

戦前戦後と油の重要性を誰よりもいち早く見い出した男の生涯の物語であります

カリスマ性を持つ人というのは凡人には理解不能な変人が多いといいますが

いやはや・・・・・すんごい変人ですね~

タイムカードも労働組合もない会社組織

社員みな家族・・・・・リストラなど

ありえなーい

という経営者です

自分が正しいと思えば相手が国家だろうがGHQだろうがイギリスだろうが

関係な~し!!!!!

戦後の混乱の中、このような強くてやさしい日本人は今よりもずっと多くいたのでしょうね

現在の日本があるのも先輩方々のおかげであります

感謝であります

愛ある指導者

出会いたいものであります

他の資料を見ると男尊女卑という思想も持っていたという記述などもあり、実在の人物である出光佐三と本書の国岡鐵造の人物像がまったく同じであるのかは分かりません

だけど

明日もがんばろっ!

って気分にさせてもらえる物語であることは確かです(*^_^*)

・・・・・・・・・・・・・出光興産の最近のお話はさておき・・・・・・・・・・・・・

『永遠の0』の◯◯さんもちょい出演してますよ

 

ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 百田 尚樹

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/460-dce1ae4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。