FC2ブログ

小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

夜の国のクーパー    伊坂 幸太郎 著  

~思い込みを疑え~

【夜の国のクーパー】 伊坂 幸太郎 著

目を覚ますと見覚えのない土地の草叢で、蔓で縛られ、身動きが取れなくなっていた。仰向けの胸には灰色の猫が座っていて、「ちょっと話を聞いてほしいんだけど」と声を出すものだから、驚きが頭を突き抜けた。「僕の住む国では、ばたばたといろんなことが起きた。戦争が終わったんだ」猫は摩訶不思議な物語を語り始める―これは猫と戦争、そして世界の秘密についてのおはなし。
                                          【内容紹介より】


おとぎ話であります
『オーデュボンの祈り』を思い出しましたが・・・・・
個人的には
イマイチ・・・・・・

妻に裏切られたごく平凡な男
気がつくと蔓で縛られ、身動きが取れなくなっていた
胸の上には猫が居座っていて、男に話しかける
いつから猫と会話ができるようになったのか
猫は自分の国で起きた戦争と樹の怪物の話を始めて・・・・・・
てなお話

今現在、猫の話を聞く男のお話と猫が体験した戦争のお話が同時進行していきまして、最終的にこの二つの物語が接点を持つわけであります

『クーパー』とは樹の怪物であります
猫が住む国は『クーパー』を撃退するために毎年、選ばれし者が戦いを挑みます
また、それとは別に鉄国という強国と戦争をしているということで、村の周りには高くそびえる壁を擁しています
伊坂氏によると制作中に『進撃の巨人』と設定がかぶってしまったため巨大怪物を樹に変えたということであります

井の中の蛙

目に見える現実は本物なのか
そして、自分の帰る場所とはどこなのか

伊坂ワールドの匂いは「プンプン」します
ごく普通の男がごく普通の生活の果てに妻に裏切られ趣味の釣りをしてたらなぜか猫と会話できる世界へ飛んでる
この間の何とも言えないやるせなさと時空??のズレ
ここが「ぼやー」としているところに独特の浮遊感を感じます
この「ぼやー」の中に色々なものを詰め込んでるような、そうでないような・・・・・
この曖昧な感じも評価を分けそうです

最後は男が猫の住む国へ行くのですが
ここで本物の『進撃の巨人』が登場??????

楽しいか、楽しくないかは嗜好の問題だと思うのでファンタジー好きならいけるかもね



ランキング参加中
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 伊坂 幸太郎

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/463-3d004abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。