FC2ブログ

小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

父とガムと彼女    角田 光代 著  

~甘い香り、彼女との思い出~

【父とガムと彼女】 角田 光代 著

小学4年生のある日まで、忙しい母にかわって学校の送り迎えをし、自分の世話をしてくれた初子さん。脚本を書きあぐねていた父と、家計をささえていた母。母が実家に行ったきりになったときは、父と初子さんと私で数か月暮らしたこともあった。そしてある日を境にふいに消えてしまった。父が亡くなり、通夜ぶるまいの席で再会した初子さんは……。これは「忘れられない香り」の記憶をテーマとして競作されたアンソロジーの一篇です。
                              【内容紹介より】


アンソロジー作品『あなたに、大切な香りの記憶はありますか?』より切り売りされたこちらの作品

幼少期の一時期、家にいた初子さん
あの頃、難しいことは何も考えなかったけど
今、思う
彼女は何者だったのだろう…と
父の通夜で彼女を見つけた
聞いてみたい
彼女の正体を
そう思った

思い出の中にいつもいる誰か
あなたがいた情景と香りを忘れない
懐かしい、切ない、もう戻ることのない人生の一場面を思い出す
そんなセピア色の物語です



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 角田 光代

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/464-bb1c0c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。