FC2ブログ

小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

王とサーカス    米澤 穂信 著  

~報道・・・・娯楽~

【王とサーカス】 米澤 穂信 著

わたしはまだ、
なにをも知っていないのだ。
ひとにものを訊く意味も。
ひとにものを伝える意味も。


彼女は何を見、何を胸に刻んだのか。

二〇〇一年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネパールに向かった。現地で知り合った少年にガイドを頼み、穏やかな時間を過ごそうとしていた矢先、王宮で国王をはじめとする王族殺害事件が勃発する。太刀洗はジャーナリストとして早速取材を開始したが、そんな彼女を嘲笑うかのように、彼女の前にはひとつの死体が転がり…。「この男は、わたしのために殺されたのか?あるいは―」疑問と苦悩の果てに、太刀洗が辿り着いた痛切な真実とは?
『さよなら妖精』の出来事から十年の時を経て、太刀洗万智は異邦でふたたび、自らの人生をも左右するような大事件に遭遇する。二〇〇一年に実際に起きた王宮事件を取り込んで描いた壮大なフィクションにして、米澤ミステリの記念碑的傑作!
                                        【内容紹介より】


この物語の主人公・太刀洗万智シリーズは第二作目ということであります
今回のお話しは、実際にあったネパール王族の事件を土台に作られたミステリー
とは言ってもミステリー色は薄目
ネパールに事前取材に訪れた女性が思ってもみなかった事件に巻き込まれ、人生と仕事について自問自答して行く物語

王族内で起きた死傷事件
自身に降りかかるものならば事件だが、自分に係わりのない事柄ならば・・・・・報道は娯楽となってしまうのか・・・・・
多くの人々に物事を伝える意味、ジャーナリストの存在意義
彼女の答えは・・・・・・

王族事件を取材していく過程で新たに事件が起こります
この事件は王族関連の事件なのか、それとも・・・・・・
真相へと行き着く過程にドキドキ感はほとんどなくて、とっても地味な印象
異国情緒漂う、静かな落ち着いた感じの物語となってます
本筋は彼女の自分探しの旅といったところでしょうか
彼女の考え方はもっともで納得できる結末にも安心感があります
多くの人たちにとってニュースは娯楽の一端であることは確かかも
ちょっと考えさせられるし、反省もさせられるし・・・・・・
秋の夜長にゆったりとした気分で読むならばとてもおススメだと思いますよー



ランキング参加中!!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 米澤 穂信

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/470-6464bf0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。