小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Aではない君と    薬丸 岳 著  

~心とからだと、どっちを殺したほうが悪いの?~

【Aではない君と】 薬丸 岳 著

殺してないと言ってくれ

自分の子が ゛少年A゛ になった。
弁護士には何も話さない。
苦悩する男が選んだのは「付添人」という道だった。

子供が罪を犯した時、親にできることは何か。

勤務中の吉永のもとに警察がやってきた。元妻が引き取った息子の翼が死体遺棄容疑で逮捕されたという。しかし翼は弁護士に何も話さない。吉永は少年法十条に保護者自らが弁護士に代わって話を聞ける『付添人制度』があることを知る。生活が混乱を極めるなか真相を探る吉永に、刻一刻と少年審判の日が迫る。
                             【内容紹介より】


大好きな薬丸岳作品

今回は非常に重い作品であります

自分の子が人を殺めてしまったら・・・・・

というお話

事件を起こした理由・・・・・・

もちろん殺人はやってはいけないこと

どんな理由があろうとも

だけど・・・・・・と・・・・・・とても考えさせられる

親と子の微妙な関係も現代の家族が抱える問題を象徴していて、こちらも大好きな作家さんである重松清氏の作品を読んでいるかのようにも感じられた

とても印象深い作品

他人ごとではない

『心とからだと、どっちを殺したほうが悪いの?』

どう思いますか?



ランキング参加中!
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 薬丸 岳

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

コメント

こんにちは

あけましておめでとうございます!

昨年は、こっそりと訪問させて頂いて、
私の読みたい本リストの参考にさせてもらってました^^
ブログ記事で
『おもしろーい!』なんて言葉から始まる作品は、
大体、リストアップさせてもらってたりです(笑)

特に薬丸 岳さんの作品は、
momo-keitaさんの感想では、いつも評価高そうですよね。
まだ、読んだ事の無い作家さんなのですが、
『友罪』あたりから、いつかは手にとって読んで行きたいと思っています。

では、長くなってしまいましたが、
今年も、こっそりと参考にさせて頂きますので、
どうぞよろしくおねがい致しまーす^^

URL | 瀬戸内みかん #-
2016/01/05 12:31 | edit

Re: 瀬戸内みかん さん

あけまして
おめでとうございます!!
毎度、ご訪問ありがとうございます
本年もよろしくお願いいたします

そうですねー
薬丸岳作品は非常に重ーい作品が多いんですが読み始めたら止まらないんです!(^^)!
考えさせられる事柄も多いし
しかも、それだけではなくて展開もドキドキものの作品が目白押しなんですよ
一度お試しを

お互い子供の成長も楽しみながらまた一年がんばりましょうねー


URL | momo-keita #-
2016/01/08 23:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/482-7f416984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。