小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ハーメルンの誘拐魔    中山 七里 著  

【ハーメルンの誘拐魔】 中山 七里 著

俺たちの働きに、少女の命と日本警察の面目が懸かっている。

病院からの帰り道、母親が目を離した隙に15歳の少女・香苗が消えた。現場には中世の伝承「ハーメルンの笛吹き男」の絵葉書が残されていた。警視庁捜査一課の犬養隼人が捜査に乗り出し、香苗が子宮頚がんワクチン接種の副作用によって記憶障害に陥っていたことが判明する。数日後、今度は女子高生・亜美が下校途中に行方不明になり、彼女の携帯電話と共に「笛吹き男」の絵葉書が発見された。亜美の父親は子宮頚がんワクチン勧奨団体の会長だった。ワクチンに関わる被害者と加害者家族がそれぞれ行方不明に。犯人像とその狙いが掴めないなか、さらに第三の事件が発生。ワクチン被害を国に訴えるために集まった少女5人が、マイクロバスごと消えてしまったのだ。その直後、捜査本部に届いた「笛吹き男」からの声明は、一人10億、合計70億円の身代金の要求だった・・・・・・。
                                    【内容紹介より】


シリーズ第三弾ですがお初の犬養さんです

前作、前々作の内容は分かりませんが社会派の警察小説であります

今回は少女たちへの子宮頸がん定期接種問題を題材とした物語

面白かったでよー!(^^)!

人情味溢れるストーリーは東野さんちのあのシリーズにも似てるかな

犬養さんはどちらかというとサッパリ系な感じもしますが

子宮がんワクチン接種の副作用・・・・被害者である不自由な生活を送る少女たちが誘拐されるわけだけど、加害者(子宮がんワクチンの定期接種を推進する側)の娘も同じく犯人に拉致される

ここに何らかの思惑と真相が見え隠れしてくる中で・・・・・・・・・

登場人物すべてに目を凝らし、真相探しを楽しんでくださいねー(*^-^*)

あまり身近に感じていなかったワクチン接種の問題

我が家にも娘がいるので良い題材の物語を読んだなっと思いました



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 中山 七里

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/498-def05c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。