小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

坂の途中の家    角田 光代 著  

【坂の途中の家】 角田 光代 著

刑事裁判の補充裁判員になった里沙子は、子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、いつしか彼女の境遇にみずからを重ねていくのだった―。

社会を震撼させた乳幼児の虐待死事件と〈家族〉であることの心と闇に迫る心理サスペンス。

最愛の娘を殺した母親は、
私かもしれない。


私は、果たして、
文香を愛して
いるんだろうか。
もちろん愛していると
思っている。
いなくなったらと
考えただけで胸がふさがる思いがする。
(略)
それでも、
文香を自分より
大切なものと思えるだろうか。
かわいい、
かけがえのない子どもと
思えるだろうか。
            ―本文より

感情移入度100パーセントの社会派エンターテインメント!
                                   【内容紹介より】


子育て真っ最中の主婦が幼児虐待事件の補充裁判員になったことから自分の置かれた境遇を再確認していく物語

真実はここにあるのか

答えはここにあるのか

わからない・・・・・・・

でも

考えさせられずにはいられない物語

身に覚えがある出来事もある

この物語に表現されているような感情はなくとも

このような行動をしていることもある・・・・・・

相手がどのように考えているのか

感じているのかもはわからない

けど

家族という他人が入る余地のない密室に隠された思い

家族が増えれば増えるほどしがらみが増えそれに縛られ、洗脳されていく

気づかず過ごしたあの頃

過去を、今を考え、話し合う機会をくれた本になりました

良い作品に出会いました



ランキング参加中です
『ポチッ』と応援お願いしまーす!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 角田 光代

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/505-4a30ed38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。