小説書評・・けいたの小説日記 読書感想文・・おすすめ小説~おもしろ小説・・

感動!面白い!おすすめ!小説のご紹介。。カフェと読書とコーヒーと。。 middle ageの遅れてきた読書感想文                         <<大好きな小説の書評とけいたのたわごとブログです>>

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

サブマリン    伊坂 幸太郎 著  

【サブマリン】 伊坂 幸太郎 著

陣内さん、出番ですよ。

『チルドレン』から、12年。
家裁調査官・陣内と武藤が出会う、
新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。

陣内さん、ぼくたち、挽回できますか?

【内容紹介より】


家裁調査官・陣内、武藤コンビの復活です

今回も彼らと罪を犯してしまった少年たちとの物語

伊坂氏の言葉

やりきれないけど、それだけではない物語に・・・

罪を犯す背景

そこにもやりきれなさがあるんだけど

それより

罪を犯してしまった

そして償いをした

その後にあるやりきれなさが問題だと思うんだよな

ということは

最後に描かれる被害者の素性は蛇足のような気がする

物語の雰囲気もちょっと中途半端な感じで

期待はずれ

だったかな



ランキング参加中です!!
『ポチッ』と応援お願いします!!
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ   人気ブログランキングへ
関連記事

category: 伊坂 幸太郎

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  #
2016/09/22 22:26 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  #
2017/04/02 11:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://momokeita.blog.fc2.com/tb.php/506-fcca9e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。